火曜日, 2月 27, 2024
ホームSDGs・CSR・社会活動キリンビバレッジ、グリーン...

キリンビバレッジ、グリーン電力自動販売機を全国展開

- Advertisment -

キリンビバレッジ株式会社(以下、キリンビバレッジ)は、温室効果ガス(GHG)の排出抑制を目的に、日本自然エネルギー株式会社と「グリーン電力証書」に関する包括契約を締結した。これにより、1月以降、GHGの排出量を実質ゼロにする「グリーン電力自動販売機」を全国で順次展開すると発表した。

「グリーン電力自動販売機」は、再生可能エネルギーによって発電された電力のことを指す「グリーン電力」を使用したとみなされる仕組みである。自動販売機が稼働に必要な年間消費電力量に相当する「グリーン電力証書」を取得することで、GHGの排出量を相殺することができる。自動販売機には、「グリーン電力証書」や、「CO2の排出量実質ゼロ」を掲げたPOPを掲出し、地球環境の保全に貢献することをアピールしていくという。

キリンビバレッジは、生物資源・水資源・容器包装・気候変動などの環境課題に統合的に取り組むとともに、自然と人に「ポジティブインパクト」を与えるさまざまな取り組みを積極的に進めている。グリーン電力自動販売機の展開は、その一環として行われるもの。サステナブルの観点から、批判の対象となりやすい自動販売機だけに、大きな注目を集めそうだ。

- Advertisment -
RELATED ARTICLES
- Advertisment -

Most Popular

- Advertisment -