年賀状に動画をつけるサービスが人気 無料のQRコード作成サービスの利用者急増

年賀状に動画をつけるサービスが人気

年賀状にQRコードで動画を付けられるサービス

年賀状に動画を付けられるサービスが人気となっており、今年の1月1日にはいつもと違った楽しい年賀状が届く人が増えるかもしれない。それは動画からQRコードを、無料で簡単に作成できるサービス「mevie(ミービー)を使ったもの。

mevieはサイトに登録後、動画をアップロードするとQRコードに保存し、そのQRコードを発行してくれるWEBサービス。スマートフォンからもPCから利用ができ、アプリを入れる必要もないので、誰でも簡単に利用できる。また動画を見る側もアプリのインストールの必要がない。

使い方は簡単で、mevieで会員登録後(アカウントがあるユーザーはログイン)、動画をアップ。するとQRコードが発行されるので、これをスマホならQRコード画像を長押し、PCなら右クリック等で保存するだけ。非常に簡単なサービスだ。あとはこのQRコードを年賀状のデザインなどに入れたり、印刷して貼り付ければOKだ。

また動画は後で変更することも可能(変更はPCを推奨している)なため、様々な使い方ができる。

mevieのトップ画像

年賀状だけではなく、クリスマスカード、手紙にQRコードで動画をつける人も

サービスサイドによれば、年賀状にはハッピーニューイヤーを祝うものや、昨年一年のお礼を伝えるものなど、動画を使うことにより今までにないエモーショナルな年賀状が制作されているとのこと。また企業やショップのものにも多く使われているという。

mevieは無料かつ簡単で、アプリを入れる必要もないなど、汎用性が高いため、年賀状だけではなくクリスマスのメッセージカード(グリーティングカード)や、彼氏彼女の交際記念のお手紙に動画を付けたり、卒業記念の色紙、また企業人の名刺やチラシなど様々な利用のされ方をしているという。たしかに昨今、ARを使って動画を見せるサービスも増えたが、アプリインストールが不必要であることや、動画のクオリティを考えても、シンプルかつ無料で使えるmevieに人気が集まるのも当然だろう。

また同社によれば、動画の見られるQRコードを使ってアパレルやステッカーを作るモデルやアーティストなどもいるとのこと。

送る側、見る側の新年のはじめの印象を決める年賀状だけに、動画付きのQRコードが付いていれば、相手に楽しく嬉しい印象を与えられそうだ。

参照:mevie.it