バナナ絶滅の危険性が増大、不治の病が蔓延 バナナが遠足の弁当から消える日は近い?

安くて美味くて庶民の味方、そんなバナナはいつかセレブの食べ物に…いや誰も食べられなくなるかも知れない。
安くて美味くて庶民の味方、そんなバナナはいつかセレブの食べ物に…いや誰も食べられなくなるかも知れない。

おやつに入ろうと入らなかろうと、みんな大好きなバナナが、地球上から消えてしまう日が来るかもしれない。現在世界中のバナナが、立ち枯れ病のため絶滅の危機に瀕しているのだ。

■バナナがかかる致死性で不治の病

その元凶は通称「Tropical Race4」、フザリウム菌によるパナマ病と呼ばれるもので、バナナを立ち枯れさせ腐れてしまう、バナナにとっては致命的な病気だ。そして現時点ではまだその治療方法は見つかっていない。

1960年代から東〜東南アジアにかけてバナナ産業に大ダメージを与えてきたこの病気は、現在ではラテンアメリカ、パキスタン、レバノン、ヨルダン、オマーン、モザンピーク、オーストラリア…全世界に蔓延するようになっている。

■バナナ絶滅で食糧危機も

とはいえ「バナナが食べられなければ、他のフルーツを食べれば?」と我々日本人は思ってしまうが、バナナは世界をみわたせば貴重な栄養源となっているのだ。およそ4億人がバナナで栄養を摂取していると見られており、アフリカのルワンダやウガンダの人々は、年間227kgもバナナを消費している。

バナナの生産が止まってしまえば食糧危機が起こる可能性もあるし、我々が気軽に食べていたバナナは、金の延べ棒なみに高価なフルーツになってしまう可能性もあるだろう。病気の蔓延はきわめて重要な問題なのだ。

水木しげる先生の好物といえば腐りかけのバナナでした。美味しそうに描いてましたね。
水木しげる先生の好物といえば腐りかけのバナナでした。美味しそうに描いてましたね。

■遺伝子組み換えが唯一の対抗策?

この世界的なバナナバイオハザードを受けて、現在ウガンダでは遺伝子組み換えによる耐性バナナを開発中。またフィリピンなどでも新種のバナナの開発に着手。遺伝子組み換えや新種でこの危機を乗り越えようとしている。

1920年代にも一度このバイオハザードが発生し、当時メジャーだったグロスミッチェル種のバナナは絶滅に瀕したが、当時この病に強かったキャベンディッシュ種を広げて事なきを得た。

だが、現在このキャベンディッシュ種がパナマ病にかかるようになってしまい…時代は繰り返すのだ。今度のバナナ絶滅危機を乗り越える方法は、まだ見つかっていない。

文/鷹村優

シェア