Gmailに送ったメール「なかったことに」する機能 「送信取り消し」機能がすごい! 設定の仕方を公開


こんな機能を待っていた!
こんな機能を待っていた!

「友達あてのメールを同姓の上司に送ってしまった…!」「取引先の人に妻宛のラブラブメールを…」そんなうっかりメールの送信経験がある人も多いはず。そんなミスを、“なかったことにする”機能が、Googleの提供するメールサービスGmailに実装される予定だ。

■30秒以内に「取消」をクリック!

送って30秒以内なら「送信取消」をクリックすれば、今しがた送ったメールを取りやめられるのだ! この機能は以前からGmail Labsなどについていたが、その人気と便利さから本家のGmailにも実装されることになった。

■設定はかんたん

「設定」をクリックして「全般」のなかに、「送信を取り消し」というところがあるので、それをオンにして、キャンセル可能時間を10秒〜30秒で設定する。あとはメールを送信した際、「メッセージを送信しました」という表示の横に「取消」という表示が出るので、これをクリックすれば取り消せる。

ここをチェック!
ここをチェック!

メールを送った時に「取消」を押すと。
メールを送った時に「取消」を押すと。

こんな表示が出て。
こんな表示が出て。

取り消されるというわけ!
取り消されるというわけ!

ついつい送った怒りのメール、未練のメール、ポエムなメール…たった30秒とはいえ取り消せるのは、嬉しいかぎり!

文/高野景子


シェア