阪急そばの「ポテざるそば」に対抗、富士そば「冷やしポテサラダそば」を一部店舗でリリース …本気で美味かった! 冷たいそばにフライドポテト&ドレッシングをトッピング


富士そばが一部店舗で提供開始した「冷やしポテサラダそば」(460円)。
富士そばが一部店舗で提供開始した「冷やしポテサラダそば」(460円)。

フライドポテトをのせた立ち食いそばの進化が止まらない! 関西の阪急そばが5月15日より「冷やしポテそば」のリリースするのだが、関東のチェーン・富士そばが5月11日より渋谷下田ビル店で「冷やしポテサラダそば」(460円・うどんも可)なるメニューを提供開始し、ひそかに話題になっている。

なんとこのメニュー、そばに熱々のフライドポテトをのせて、そこに青のりとシーザー系ドレッシングがかけてあるのだ!

富士そば渋谷下田ビル店。
富士そば渋谷下田ビル店。

■意外な味だがファンも絶賛!

「フライドポテトをのせたそばやうどんは阪急そばが元祖。富士そばはフォロワーとして『ポテそば』をリリースしたんですが、ここに来て、本家を超すような進化を見せてくれたんです。絶対食べた方がいいですよ!」(熱心な富士そばファン)

そんな強力なプッシュもあって食べてきた次第だが、これ本当に美味しい! 夏日だったこともあるのだが、温かいポテトそばよりも完成度が高いと感じたのだ。ポテトは注文が入ってから揚げてくれるので熱々で、それを冷たーく冷やしたぶっかけそばにオン。そして、青のりとシーザー系なドレッシングをまぶしてあるので、以外にもおしゃれなビジュアルだ。

券売機の目立つところに。
券売機の目立つところに。

となりのハムかつそばも美味しそう。
となりのハムかつそばも美味しそう。

■ドレッシングがけポテトは、めんつゆにマッチする

そもそも、この青のり&ドレッシングなポテトがおいしくって、これだけで「うまっ!」と言ってしまうほど。そして、カリカリなのだが、一部がドレッシングでしんなりとしたポテトをかじりつつ、そばをすするとこれも「うまっ!」。だしにドレッシングの油分がうまく混ざり合い、味わいも絶妙。

ポテトのサクッとそばのツルシコなハーモニーもいい! ようはイモ天をそばに乗せたものであり、そこにちょっと洋風なコクのくわわったツユがかかっているようなもの。べつに変ではないわけで(そこまで)。

■提供店は増えるのか?

今後はぜひとも砂場や藪でも出して欲しいと願わずにはいられない、そばの新しい次元の味。期間限定なので食べるなら今! 富士そば渋谷下田ビル店での評判次第では、富士そばの他店舗でも広がっていくかも? 

文/関本尚子