てんやの牛タンとろろ天丼は初恋キスな未体験の美味さ! サクサク牛舌&とろとろ山芋、すべてが新感覚すぎてヤバい


初夏の新メニュー、牛タンとろろ天丼。
初夏の新メニュー、牛タンとろろ天丼。

天丼てんやの初夏の期間限定メニューとして4月16日から登場した、牛タンとろろ天丼。てんやと言えば、王道なのはエビ、イカ、ホタテなどの魚介類の天ぷらや、カボチャ、レンコン、インゲンなどの野菜類の天ぷらだろう。肉類の天ぷらは非常にレアで、牛タンもてんやのメニューに登場するのは初めてのことである。そもそも牛タンの天ぷら自体が珍しいわけで、これは必食!

天丼をリーズナブルに食べさせてくれる、てんや。
天丼をリーズナブルに食べさせてくれる、てんや。

■牛タンの天ぷらが4枚も乗っていた!

席について牛タンとろろ天丼を注文して待つことしばし。牛タンの天ぷらが計4枚乗っけられた丼、わさびがチョンと乗せられた状態で別の器に入ったとろろ、そして味噌汁がやってきた。

とりあえず牛タンの天ぷらを食べてみると、天ぷらの衣はクリスピーで食感はサクサク。薄切りの牛タンにはしっかりと味つけが施されている。次にとろろをだばだばっと天ぷらの上に投入。とろろのぬるぬると牛タン天ぷらのサクサクという異なった食感が絶妙にマッチしている。ときどき感じられる、鼻を抜けていくようなワサビの辛さも爽やかでよいアクセントになっている。

とろろの上に天丼のたれをかけると絶品! 初夏の初恋キスのような、さわやかさとトロめきが最高なのだ。
とろろの上に天丼のたれをかけると絶品! 初夏の初恋キスのような、さわやかさとトロめきが最高なのだ。

■天丼のタレをかけるとさらに美味しく

個人的にてんやのたれが大好きなのだが、ご飯にしっかりとたれが染み込んでいるのも嬉しいところ。醤油代わりに卓上の“天丼のたれ”をとろろに垂らしてみたが、これが大正解。より美味しくなったとろろと牛タンの組み合わせは素晴らしく、いくらでもご飯が進んでしまう。

■790円は高くない、むしろ安い!!!

てんやのコストパフォーマンスのよさには定評があるが、牛タンとろろ天丼も、このボリュームとクオリティで税込790円ならまったく不満はない。牛タン天は単品での注文も可能なので、他の天丼にトッピングしても美味しそうだ。まだ食べていないというあなたは、ぜひ未体験の食感を味わってほしい!

文/飯場E太


シェア