東日本最強「カツカレーそば」の名店に、そばファンとカレーマニアが絶叫 これは究極の料理!!!


カレー好き、そば好き、さらにカツ好き、3者納得のペースメニュー!
カレー好き、そば好き、さらにカツ好き、3者納得のペースメニュー!

■めったにない幻メニュー「カツカレーそば」

ジャンクカレーマニアや立ち食いそばフリークの間で、「…たしかに、あいつはヤバイ。美味い」でも「でも滅多にお目にかかれねえ、見つけたら教えてくれ」と、ハードボイルドに言われるのがカツカレーそばだ。

汁そばにカレーととんかつをトッピングしただけのメニューなのだが、たしかにその存在自体が珍しい。しかし、そばのつゆ、カレーの量、かつのボリューム、この3つのバランスが問われ、美味しい割合がむずかしいのだ。

阿佐ヶ谷駅北口を出て、右にまがったすぐのガード沿いにある。
阿佐ヶ谷駅北口を出て、右にまがったすぐのガード沿いにある。

■表にカレー、裏にそばつゆ吸ったカツが美味い!!!

ただ、そんなマニアやフリークたちの間で、ここだけは「鉄板」と言われているのが、東京JR阿佐ヶ谷駅北口のガード沿いにある立ち食いそば店「けやき」のカツカレーそば(520円)。

注文してみると、思ったよりもそばつゆの量が少なく、逆にカレールーの方が多い。そしてカツは表面にはカレールー、裏面にはそばのつゆを吸っているという“2枚看板”な状態。両面に別の味がついたカツはすてきな味だ。

■カレールーが意外に多いのがポイント

そばをすすってみると、カレーが多いので、つるつるというよりはヅルヅルっとした心地。そばつゆとまじりあってダシの風味がついたカレールーもいい。ルーで重くこってりしたそばが、すごくボリュームが出て美味しい。

そばってうどんやラーメンにくらべて、麺が軽い印象だが、これは重戦車のように重い感じ。それだけにお腹にガツンとくる味なのだ。それに対して、やや薄いとんかつをかじりかじりしていく。カツカレーライスもよりもファットな食べ心地と味がする、凄い食べ物だ!

すっごく美味しい、でも朝から調子にのって食べると、意外にヘビー。でも一度食べるとその美味しさが脳に焼き付いて、朝から食べたくなってしまいます。

文/関本尚子


シェア