ヤバイ!中国全軍に「戦争準備せよ」と指令 日本への示威行為も強まる


※戦争になったらどうしよう!
※戦争になったらどうしよう!
台湾の中国時報が報じたところによれば、今月13日、中国人民解放軍総参謀本部は各軍に「2014年全軍の軍事訓練の指示」を出し、「いつでも戦うつもりで、実戦だと思って訓練を強化せよ」と告げたという。中国、日本間の外交的、軍事的緊張が高まる中だけに、日本への威嚇を含んだものとみられている。

参謀本部による指示は、昨年のガイドライン「戦う準備をしながら能力を高める」よりも、さらに強いものとなった。昨年、習近平国家主席らは就任後「戦うことができて、実際に勝利することができる軍隊を建設せよ」と繰り返し指導している。

中国軍は軍事訓練も大々的に拡大している。北朝鮮と中国の国境地域を担当する瀋陽軍区の第39集団軍所属10万人は冬の訓練に突入。以前より4万〜3万人も増員しており、朝鮮半島の有事に備えていると思われる。また中国中央(CC)TVが10日報道したところによれば、中国は、米国が懸念している最新型ミサイル試験発射シーンの写真をインターネット上で公開。米国へも牽制を示している。

今、アジアの巨龍がうなりはじめ、緊張感が高まってきている。

文/原田大