1000円バーガー何するものぞ! 自作の豪華マックで対抗だ!


完成品
シンプルだけどすんげー高いよ
みんなちょっと落ち着くんだ

今日は1000円バーガーが販売される日。ネットには、今までにない値段の高さから、各種1日限りという希少性から、写真と実物のギャップにツッコミを入れるため、様々な理由で食べに行った人の報告が相次いでいる。

しかし、1000円バーガーの写真を見てもどうしても「これを食べたい!」という気持ちになれないのだ。プロのテクニックで美味しそうに撮られたはずの写真でこれなのだから、実物を見たら間違いなくガッカリするだろう。さすがに1000円の価値は無くね?という気持ちが頭から離れない。

1000円あればもっといいもの食べられるよ?

どうせ1000円出すなら、もっといい使い方があるに違いない、ということで、自作の1000円マックを作ってみることにした。

まずは1枚。普通にありそう。
きっと浜松あたりに実在するよね。
それで買ってきたのがウナギの蒲焼き。1000円はおろか2000円超えも珍しくないウナギの蒲焼きが、近所のスーパーでなんと500円くらいで売っていたので買ってきた。バンズと合わせれば原価は550円くらい。1000円マックの原価もせいぜいこの程度なのではないだろうか。かなりいい加減なのは承知だ。

タブルウナギバーガーとか一体いくらになるんだよ!
タブルウナギバーガーとか一体いくらになるんだよ!
バンズにレタス、ウナギの蒲焼き、と順に挟んでいけばハイ完成。ウナギマックとでも命名しようか。カバヤキウナギバーガーのように、無意味に言葉を入れ替えたほうがよりマックらしい響きになるような気もする。

マヨネーズをかけて台無しに……なるかと思ったけど意外にいける
マヨネーズで台無しに……なるかと思ったけど意外にいける
蒲焼きの甘いタレは、ごはんだろうがパンだろうが、ありとあらゆる主食に合う。よくよく考えれば、通常のハンバーガーも甘辛いソースで味付けしたパテを挟んでいるわけで、蒲焼きが合わないはずがないのだ。獣の肉のような弾力は無いので物足りなさを感じないでもないが、その分ふんわりとした柔らかい触感を楽しむことができる。これはアリだ。ぜひ商品化して欲しい。

最後のチャンス?

ところでウナギは、国際機関が絶滅危惧種に指定すべきかどうか検討中という、いわくつきの食材になってしまっている。今後ますます希少価値が高くなるだろう。なので今年が最後のチャンスかもしれない。土用丑の日に合わせて、カバヤキウナギバーガー出してくださいよ、原田さーん!

文/石崎覚士

※編集部注 文中ではウナギを使用したことになっていますが、よくよく問い詰めたらアナゴの誤りであることが判明いたしました。見栄を張ったことお詫びします。