Panasonic・コードレススティック掃除機MC-SB30Jの軽すぎる使い心地 掃除を好きになる扱いやすさ!

MC-SB30J

Panasonic(パナソニック)が10月25日に発売予定のコードレススティッククリーナー「パワーコードレス MC-SB30J」について、多くのニュースがその驚きの“扱いやすさ”を報じている。同社のスティッククリーナーのラインナップでも、MC-SB30Jはきわめて軽量コンパクトで、これまでにない使い心地だからだ。その真価について実践レポート!(オープン価格 推定市場価格45,000円前後(税別))

パワーコードレス MC-SB30J

プレス向けの体験会で使ってみてまず驚かされたのが、圧倒的な軽さだ。多くの報道陣が集まっており、パワーコードレスMC-SB30Jを手渡されると、思わず「軽い!」という声があちこちから。記者たちがこのコードレススティッククリーナーを会場で試していたのだが、使い心地の良さからだろう、皆が夢中になってずっと掃除機をかけまくるという、シュールな光景になったことを報告しておきたい。

とにかく軽いコードレススティッククリーナー

現在コードレススティッククリーナーは、小型にもかかわらずバッチリとゴミを吸い取ることができる“パワータイプ”と、しっかりと掃除もできつつ軽くて使いやすい“軽量タイプ”、この2つに大きく分かれている。MC-SB30Jはもちろん後者だ。

実際にMC-SB30Jは、スティック時の重さが1.6kgと軽い。その際のサイズは幅220×奥行き182×高さ1106mmとコンパクト。カラーが落ち着いていることや、ミニマルなデザインから、部屋においてもすっと溶け込むような雰囲気を持っている。

掃除をする際の手にかかる重さを実験すると、手元には約1.1kg程度しか負荷がかかっていなかった。そしてこの製品のユニークなのは、ハンドルをラウンド型にすることで、掃除機の引きの動作の際に、肘を曲げずに済み、身体への負担を感じにくくしていること。スッと引けるこの感じはとても楽で、心地のよい感覚だ。

MC-SB30Jは吸引力もすごい!

と、こうやって書いてしまうとMC-SB30Jの吸引力が弱いように感じてしまうが、さにあらず。

今回の体験会で披露されたのが、MC-SB30Jの吸引力でおもりを持ち上げるという実験。専用の機器に掃除機をセットしてスイッチを入れると、3kgのおもりが軽々と持ち上がった。それもそのはず、同機の吸引仕事率(掃除機がゴミやホコリを吸い込む能力をワットで示したもの)は「HIGH」運転時で100Wもあるのだ。

パワーコードレス MC-SB30Jの吸引力実験
黒いのがおもり。真空状態にして掃除機の吸引力でおもりを引き上げる。

またパワーだけではなく、こんな工夫もなされている。掃除機においてブラシやヘッドは清掃力をあげる重要なファクターで、MC-SB30Jはブラシ毛がV字型であるため、ゴミがヘッドの中央に集めてしっかりと吸い取ることができる。

MC-SB30J

ヘッドの毛は2タイプ、柔らかいものと硬いものが交互に植え付けられており、そのため様々な形状のゴミを捕まえることができるのだ。

そして意外に嬉しいのが本体部にゴム製の「壁ピタゴム」。MC-SB30J本体は自立しないため、倒れにくいようにするのがこのゴムの働き。壁ピタゴムにより簡単に立てかけられる。こうやって立てかけておけば、スマートなデザインで家具に溶け込むため、気が向いた時にはいつでも掃除ができる。

MC-SB30J

MC-SB30J
ヘッドも小回りがきいて狭いところも掃除しやすい。

他にもダストビンやフィルターは丸ごと水洗いができ、集じん容積は0.15Lのダストビンはゴミ捨ても簡単など、口コミ上位に食い込みそうな性能ばかり。

より軽く手軽なコードレス掃除機は、私達の掃除習慣を育て、家をいつでもクリーンにする働きがあるといえるだろう。多くの記者たちがMC-SB30Jをかけまくっていたことをみると、掃除が好きになる、とすら言えるのかも!


シェア