春物メンズファッションは「ナチュラルカラー」が人気 春と初夏の軽さを出した服装は女性からも熱い眼差し

beams_洋服の青山_MORLES01

春物のメンズファッションは、今年はナチュラルカラーが注目されている。着込めば冬よりになってしまうし、薄着にすれば夏っぽくなってしまう、そんな風に意外に難しいのが春物だ。このナチュラルカラーの着こなしを覚えておけば、あなたのセンスにさらに注目が集まるはず!

BEAMS担当者の今年注目カラーはナチュラル

先日開催された洋服の青山とBEAMSによる2019年トレンドコーデ発表会は、今年の春・夏のトレンドアイテムや着こなし術が披露されたこともあり、ファッション業界から多くの注目を集めた。

BEAMSの担当者によれば、今シーズンの注目カラーは、ベージュ、ブラウン、テラコッタといったナチュラルカラー。とはいえ、つい野暮ったくもなってしまいそうなこの色だが、直伝の以下のポイントを抑えれば完璧だ。

①ナチュラルカラーのアイテムに合わせられる差し色になるようにインナー(ポロやシャツ)でスモーキーなオレンジ、グリーン、バーガンディ等のコーディネートにすること。

②パンツの腰回りにボリュームを作る2プリーツのパンツも今シーズン欠かせないアイテム。きれいなシルエットを損なわないようにすっきりした丈(くるぶし位)で履くのがオススメ。

beams_洋服の青山_MORLES02

また、ブレザー、ミリタリーテイストのブルゾン、オリーブグリーンのチノといったミリタリーテイストのコーディネートを、春・夏シーズンらしく見せるポイントは「軽さ」。襟元や足首から見える肌の分量、ブルゾンに使った素材の風合い、パンツの洗いざらしのラフな雰囲気で軽さを演出してミリタリーテイストも軽快に着こなすことで、今年らしいセンスをアピールすることができる。

ビジカジブランドは春物にもうってつけ

またその発表会の際に注目されたのが、「洋服の青山」×「BEAMS」によるビジネスカジュアルブランド「モアレス(MORLES)」の2019年の春・夏向けの新商品だ。同ブランドはBEAMS DESIGNが企画監修した洋服の青山のブランドで、公私で使えるビジカジとして20代の社会人などから大きな人気を誇っている。

“あなたの「今」を、伝える服”をコンセプトに、上質な素材にこだわりながらも、かっちりし過ぎない&カジュアル過ぎない着こなしやすさを特徴とする同ブランドの新作はたとえば、

beams_洋服の青山_MORLES03

・カットソー/ニットシャツ

ジャケットのインナーでも一枚でも様になるアイテムで、春先に大活躍しそう。光沢感のあるストレッチ素材で着心地も抜群。

・オープンカラーシャツ

ノーネクタイのスタイルでのシャツの提案には欠かせないアイテム。色柄にこだわり一枚で主役になれる存在感を持たせている。

beams_洋服の青山_MORLES04

・2インプリーツチノ

腰回りにボリュームをもたせて裾に向かってきれいにテーパードするようにシルエットを調整。スタイルが良く見えるシルエットがポイント。

春は新生活のシーズンで、転職や異動などで新しい環境に入り、気持ちを切り替えるタイミング。そのような時期に、内面的にも見た目的にも新しい自分になれるいい機会! こんな素敵なファッションをまとって気分一新すれば、女性たちからの注目も集まるはず!

参考資料 モアレス(MORLES)