東京砂漠を潤す“新世代ストロング缶チューハイ” 「キリン・ザ・ストロング」実飲レビュー


ビール業界の大手キリンビール。そんなキリンビールから、もぐもぐニュース編集部宛てに突然『謎の黒い箱』が届いた。箱には「ストロングは、新世代へ。うまさで選べ。」とのメッセージが。どうやら4月10日発売の新商品のようだ。

その名も「キリン・ザ・ストロング」。黒光りした缶には、酒好きサラリーマンたちが愛する聖獣マークがプリントされている。チューハイには珍しい男らしいデザインの1缶だ。缶の文字を見れば、“最強レベルの炭酸、うまみを凝縮したハードエキス、後キレ爽快クリアウォッカ”といったウリ文句が書いてある。

そして、同封されていた資料には、下記内容が記されていた。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
キリンビール株式会社は、RTD新商品「キリン・ザ・ストロング」を4月10日(火)より発売いたします。発売に先駆け、ハードな「刺激」と「飲みごたえ」を実現したストロングRTD「キリン・ザ・ストロング」の“うまさ”をみなさまにもご体験いただくため、今回商品をお送りさせていただきました。

「キリン・ザ・ストロング」ならではのハードな刺激と飲みごたえでお仕事終わりに気持ちよく、一日をリセットしていただけたら幸いです。
(同封資料より引用)
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

果たしてどんな味なのだろうか。早速、編集部の冷蔵庫で冷やし、飲んでみると、これは効く。のどにグッとくる刺激とコク。そして、アルコール分9%の強さもしっかりあるのに、飲みやすいのだ。そして、1缶プハーッと飲み終えた後にくる、強い多幸感は格別。いや昇天感といっても良いだろう。確かに今までのストロングチューハイとは一味違う。

仕事や家庭で感じているストレスや一日の身体的な疲れを、スカッとお酒で解消したい。そんな想いを抱いている人は、是非一度試してみて欲しい。ちなみに、今回送られてきた商品は、「ハードドライ」だったが、「ハードレモン」と「ハードコーラ」も登場するようだ。

とにもかくにも、キリンビールの相当な気合いが伝わってきた「キリン・ザ・ストロング」。飲みすぎは禁物だが、様々なプレッシャーにさらされる現代人のリフレッシュアイテムになるかもしれない。