天下一品の豚トロこってりチャシュー麺は、美味すぎプチ隠れメニュー とろける豚肉&とろとろスープで、身も心も溶ける美味さで、ふぇ〜と満足


天下一品のネギトロチャーシューメン(1080円)。
天下一品のネギトロチャーシューメン(1080円)。

こってりと呼ばれる超粘度スープで人気のラーメンチェーン天下一品、その一部店舗で「豚トロチャシュー」なるものを使ったチャシューメンがあり、意外な美味さの盲点になっている。値段がやや高なためについつい敬遠してしまうのだが、とにかくこれが美味しいのだ!

東京の天一でも“名店”として知られる水道橋店。
東京の天一でも“名店”として知られる水道橋店。

■東京では水道橋店などで食べられる!

筆者がこれを食べたのは、天下一品直営店の一つである東京の水道橋西口店。同店ではネギと組み合わせた「ネギトロチャーシューメン」が提供されている。お値段は税込1030円とちょい高め。

このテローンとした肉が美味いのだ。
このテローンとした肉が美味いのだ。

■まるで天女のはごろも…上品にとろける至極のチャーシュー

天一の豚トロは、脂のはいった薄切りしっとりチャーシューで、口に入れた瞬間にはかなくトロけていく。これが、天一のこってりラーメンの上に、天女のはごろものようにふんわりと、いく枚もいく枚もトッピングされているのだ。

豚トロを口に入れてからスープを一飲みすると、ふわ〜っと溶けていく豚の脂に、
天一のこってりスープが合わさり、通常のこってり以上の美味さとなる。天一は鶏ガラと野菜由来のスープなので、そこに豚の旨味まで溶けこんだら、その美味さは倍々となるのだ! これはもう、確実にた・ま・ら・ん!

これをつまみにビールを飲むのも最高!
これをつまみにビールを飲むのも最高!

■店によって異なる豚トロ

またこの豚トロは天下一品の店舗によってカットや肉質が異なるので、ところによっては肉々しいものだったりもするので、自分にもっとも合うこってり豚トロラーメン探しのアドベンチャーも可能。

また2倍盛り、3倍盛りといったトッピングもできるので、給料日後にチャレンジするのもいいだろう。

意外に食べたことがない、自分の行きつけの店舗にはない、というプチ隠れメニュー状態な「豚トロ」を使ったこのチャーシューメン、あ、原稿書いてるだけ喉がなってきました…。

文/関本尚子