天下一品スープでラーメン二郎風のちゃんこ作ると美味すぎる!!!! 天一であり二郎でもあるような最高の鍋料理が爆誕!!!!!

二郎風に作った天下一品スープベースのちゃんこは最高に美味い!
二郎風に作った天下一品スープベースのちゃんこは最高に美味い!

ラーメン界の東西横綱・ラーメン二郎と天下一品、そのありえないコラボをおうちの鍋料理で再現したら美味すぎた! 作り方はいたってカンタン、ブタをゆでる時間をのぞけば15分くらい! 通信販売もしくはテイクアウトしている天一のこってりスープをベースに、二郎風の具材を入れるだけなのだ。

天下一品の持ち帰りスープは東京・神楽坂店で買いました。
天下一品の持ち帰りスープは東京・神楽坂店で買いました。

材料2人前:天下一品の持ち帰りこってりスープ(1セット)、豚肉ブロック(二郎は腕肉だが入手容易なバラでOK)(300〜500グラム)、ネギの青い部分(1本分)、キャベツ(四分の一)、ニンニク(1個)、もやし(2袋)、お好みの具材(今回は鮭の切り身、豆腐)、醤油、白だし、味の素…適宜

豚肉がかぶるぐらいの水で煮ました。
豚肉がかぶるぐらいの水で煮ました。

【1】豚肉ブロックをネギの青いところ、キャベツの芯、ニンニク(4分の3)と一緒に煮る。はじめに沸騰させてあとは弱火で1時間〜2時間 ※今回は圧力鍋を使用しました。

ゆでました。もやしは倍の分量でもよかったかなと!
ゆでました。もやしは倍の分量でもよかったかなと!

【2】キャベツ、もやしを茹でる

スープを湯煎します。
スープを湯煎します。

【3】天下一品のスープを8分間湯煎

こんな感じです。
こんな感じです。

【4】【1】のゆで汁と【3】を1:2の割合で鍋に入れる。
【5】天一のラーメンダレを入れ、白だし、醤油、味の素も入れてお好みの辛さに

こんな感じに準備完了。
こんな感じに準備完了。

もっとヤサイを盛ればさらに二郎感が。
もっとヤサイを盛ればさらに二郎感が。

【6】豆腐や魚の切り身を入れてから、【2】と【1】の肉、刻んだニンニクを二郎風に盛る。

もやしを器からはみださせるとさらに二郎感が。
もやしを器からはみださせるとさらに二郎感が。

魚も合う!
魚も合う!

締めは麺を!
締めは麺を!

【7】締めにゆでた、天一の麺を入れる(ラーメン二郎仙川店が販売している生麺を使うのも最高)

はじめはスープが安定しないが、煮ているうちに次第になじんでくる。すると二郎のようであり、天一のようでもある、激ウマなスープになってくるのだ。また、豆腐や魚の切り身なんて一見合わなそうに見えるのだが、…実はかなり美味いのだ! こってりスープをまとった魚や豆腐、めっちゃ合う!

ラーメン二郎が使用しているグルエースやカネシ醤油にこだわらず、キッコーマンの醤油や味の素でお手軽に作ってみよう。ふつうに作る鍋とは違ったパンチのある美味い鍋に仕上がるはずだ。また、麺ではなくご飯をシメに入れるのも最高!

最近天気がいまいちパッとしないし、夜は寒いので、こんな鍋で気分転換はどうでしょう!

文/高野景子