なか卯の和風牛丼が復活でファンも「グスッ…」 すき焼き翌日、お母さんがのこりで作った弁当の美味さ!


感動を呼んでいるなか卯の和風牛丼。
感動を呼んでいるなか卯の和風牛丼。

上品に美味いどんぶり&うどんチェーン「なか卯」の、名品・和風牛丼が昨日3月12日より復活。これは朗報と言わざるを得ない! 和風牛丼は長ネギやしらたきが入っており、従来の牛丼ファンからは“邪道”とも言われてきた一方、熱いマニアがいることでも知られている。

親子丼も美味しい。
親子丼も美味しい。

■高校時代にタイムスリップする味わい

吉野家、松屋、すき家などどこも基本は牛肉とタマネギのみ。その純度からすれば、なか卯はたしかに本道ではない。しかし、ネギやしらたきなどの家庭的な“不純物”を入れることにより、ノスタルジーがかきたてられる。

復活するまでは豆腐や三つ葉の入った「牛すき丼」が販売されていたのだが、和風の方がよりシンプルな構成で、それゆえにこんな感想も。

「なか卯の和風牛丼は、実家ですき焼きをした翌日に、お母さんがその残りで作ってくれた弁当のような味わいなんです。純粋な牛丼よりも、ホッとする感じがある。実家に帰りたくなりましたもん(笑)」(なか卯ファンのタウン誌編集者)

並で350円。
並で350円。

■ネギと牛肉が甘さと旨味を倍増させる

食べてみるとこれはたしかにノスタルジーもありつつ、同時に牛丼としてのレベルも高い! 甘っ辛いけれども上品なつゆに、かみしめれば旨味のでてくる牛肉が、よくあっている。

大きめのネギが入るため、従来の牛丼のように“飲むように”食べることはできないものの、ネギと肉を噛み締めて
食べることにより、食材自体の旨味をしっかり味わうことができるのだ。

郷愁も生み出しつつ、味も美味しいなか卯の和風牛丼! おかえりなさい!

文/関本尚子