新宿駅の誰も知らない名物「リンゴパン」 優しくって甘い味、おばあちゃん達のこっそり好物


※なんとも言えない不思議な見た目、リンゴのようなそうじゃないような。
※なんとも言えない不思議な見た目、リンゴのようなそうじゃないような。

駅員さんやお掃除のおばちゃんにたずねてみても「知らないですねえ」と言われてしまうほど、知られてない、新宿駅のひそかな名物がある。それが中央線ホームのキオスクのような店、田中屋で販売されている「リンゴパン」(150円)。真っ赤っ赤で、遠目に見ると本物のよう。家でお皿に置いておいたら、母が「ずいぶん薄いリンゴねえ」と言っていた。

※袋から出したところ。リンゴだ。でもハツっぽくもある、焼き鳥とかのアレです。
※袋から出したところ。リンゴだ。でもハツっぽくもある、焼き鳥とかのアレです。

見ようによっては、ちょっと臓物のような濃い赤さをしている。看護師をしている友達におみやげで持っていったら「ん、心臓パン」とも言われた。というのは置いておいても、ちょっとチープで赤いこのパン、とっても美味しい。中には煮たリンゴがみしっと入っていて、割ったところはマーブル模様。白、茶、赤がまざっている。中身も外見もとってもかわいいパンなのだ。

※割ったところも大理石模様でおもしろい。カニカマ感も。
※割ったところも大理石模様でおもしろい。カニカマ感も。

新宿駅中央線ホームにある田中屋をのぞくとすぐわかる、他のパンは茶っこい色をしているけれど、これだけが、真っ赤に輝いているのだ。それだけ目立つ、けど、ちょっとギョッとするところもあるので、一瞬買って良いのかも迷う。こんなに赤くて大きい食べ物、リンゴの外には見たことがないから。

※新宿中央線ホームの田中屋さんの写真を撮り忘れて、おばちゃんに送ってもらった。
※新宿中央線ホームの田中屋さんの写真を撮り忘れて、おばちゃんに送ってもらった。

これを教えてくれたのは、西東京にすんでいる会社の古参のおばあちゃんな先輩だ。この人が中央線で毎日2時間ぐらいかけて通っているのだが、帰りにお腹がすくので、ここでパンを買っている。その時に見つけものだ。牛乳がとっても合うとも教えてくれた。この人のまわりの同年代の友達にも、このリンゴパンは人気だそうで、最近は多めに買ってかえるそう。

袋にはいっていてもほのかに甘い香りがしてきて、かじるとちょっと甘くて、リンゴの香料が鼻にふんわり抜ける。おばあちゃん先輩たちばっかり、こんな美味しいものを食べていてずるいなと、食べながら思った次第です。

文/高野景子