世界最高齢のネコ、24歳で死亡 人間に換算すると約118歳


※世界最高齢のネコだったポピーちゃん。
※世界最高齢のネコだったポピーちゃん。

世界最高齢の男性だったアレクサンダー・イミックさんが先日111歳で亡くなったが、今度は世界最高齢のネコ・ポピーちゃんが♀24歳(人間換算118歳ぐらい)が、先週金曜日に亡くなったのだ。イングランドのドーセット州に住む、おばあちゃんネコだった。

ポピーちゃんは、1990年生まれ。日本では「おどるポンポコリン」、たまの「さよなら人類」、LINDBERGの「今すぐKiss Me」が流行した年といえば、その昔っぷりが伝わるだろう。

そんな彼女は先月19日にギネスブックに「世界最高齢のネコ」として認定されたばかりだったのだが、後ろ足からの感染症が原因となり亡くなった。飼い主によれば、その日はポピーちゃんの死を悼むように、他の飼い猫たちも一切食事に手をつけなかったという。

飼い主も「彼女が高齢なのはわかっていたけど、それでも悲しい」とコメント。愛するペットと死に別れることは、本当に辛いこと。彼らが何歳であってもだ。

彼女は現在は飼い主の家の裏庭に、他の亡くなったペットたちと一緒に埋葬されている。

※ちなみにいままでネコの長寿記録では、 テキサス州オースティンに住んでいたクリームパフというメス猫で、なんと38歳と3日! 1967年生まれで2005年に亡くなっている。

文/編集部