ASKA事件 栩内容疑者に女王様な素顔 男たちをトリコにした魔性

「CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A」は現在、プレミア価格がついてる。

「CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A」は現在、プレミア価格がついてる。
「CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A」は現在、プレミア価格がついてる。
「上司を四つんばいにさせていた」そんな行動も報じられた、ASKAと共に覚せい剤取締法違反で逮捕された栩内香澄美容疑者(37)。現在マスコミが血眼でその素性を追っており、一部メディアでは、彼女が大手人材派遣会社のVIP接待要因だったのではないかと報じている。

その37歳とは思えない美貌のルックスは周囲でも目立っていたようだ。

栩内容疑者を知るという港区の飲食店従業員は「以前に『Mっ気のある男がよってきて困る、自分はそういうの求めてないのに』と友人にこぼしていた。たしかに魔性な感じもあり、Sっぽく見えるクールビューティな色気があったので、そういうこともあるかなと思った」と語っている。

彼女が住んでいたマンションは家賃が20万円近くもするという高級物件で、人材派遣会社の幹部が、社宅という名目のもとで借り与えていたとも言われている。その美貌に多くの男性たちが心を奪われていたという栩内容疑者は、一見人当たりはいいが、プライドが高かったという関係者の声もあり、そういう意味ではたしかに「クイーン」だったのかも知れない。

だが、彼女がASKAを選んだ理由はなんだったのか。メディアでは薬物を使用して愛しあう行為に耽溺していたと伝えられているが、他にも理由があるという。

「ASKAさんは基本的にオラオラの性格。恋愛でもワガママでイニシアティブをとりたがる、スターだから当然なんでしょうが。特にここ数年はそういう傾向が強かったと言われていますから、そんなところに惹かれたのかも知れません」(週刊誌記者)

2人の関係は一体どういうものだったのか、謎は深まるばかりだ。

文/北村慎也


シェア