ワンちゃん泥酔動画で飼い主に非難 よろける姿に「動物虐待」の声が多数


※画像はYouTubeより。
※画像はYouTubeより。

韓国のペット好きたちの間で物議を醸しているのが「イヌの泥酔映像」だ。

今月7日オンライン上にアップされた動画で、かわいらしいポメラニアンの子犬が器に入った液体を飲んだあと、よろけて立てなくなってしまうという内容。映像の中には「あの脚の動きを見てみて」という笑い声も入っている。

韓国のインターネット上ではこれが大炎上。動物虐待との声があがっている。犬にとってアルコールは5.6ml/kgで致死量と言われており、ワインや日本酒ならおちょこに飲ませただけで危険なのだ。

たしかにワンちゃんが酔っ払った姿はかわいく見えるのだが、彼らの命を危険にさらしているのは間違いない。みなさんもくれぐれも注意して頂きたい。

参照/YouTube
文/編集部


シェア