「ドネルケバブを創った男」逝く 約40年前に西ドイツで発明

ドネルケバブ

ドネルケバブ
意外と歴史が浅いんですね
薄切り肉を積み重ね串刺しにしたものを横からの火で回転させながら炙り、焼けた表面をそぎ落としパンに挟んで食べる「ドネルケバブ」。これを発明した人物が亡くなったと、DailyMailが報じている。

今や世界中に広まり、今ではハンバーガーなどと並んで、世界中で最も人気のあるファストフードの一つとなったこの食べ物。日本でもここ10年くらいのうちに急速に普及しているため、ご存知の方も多いだろう。この料理は、およそ40年前の西ドイツで、トルコ系移民であるKadir Nurmanさんが発明したものなのだという。そのKadirさんが先日、80歳で亡くなったのだそうだ。

ちなみに「ドネルケバブ」の発明者については諸説あるらしいのだが、2011年にトルコのドネルケバブの業界団体がKadirさんを発明者と認定したため、現在では彼が発明者とされているのだという。

しかしKadirさんは、ドネルケバブの特許を取得しているわけではないので、発明者としての利益を手にしてはいない。だが彼は、世界中のトルコ人がドネルケバブを売ることで生計を立てていることや、それを世界中のたくさんの人が食べていることが幸せだと、ドイツの雑誌のインタビューで語っていたのだという。彼がもし特許を取得していたら、ドネルケバブはここまでの広がりをみせていなかったかもしれない。

しかし、トルコの伝統料理のような趣のあのドネルケバブが、たかだか40年ほど昔に発明されたものだったとは……偉大な発明をしたKadirさんに心から敬意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

参照元:MailOnline
※写真はWikipediaより

(文/行方アキヒデ)