小野恵令奈が意味深ツイートで引退? “自分をアイドルとは言えない”の波紋

『小野恵令奈 2014カレンダー』
『小野恵令奈 2014カレンダー』
元AKB48メンバーで、現在も人気アイドルとして活躍している、えれぴょんこと小野恵令奈が(19)が“自分をアイドルと言っては、他のアイドルには失礼だ”という内容をツイートし、ファンの間で動揺が広がっている。

「9月4日だったんですが、彼女が突然そんなことを言い出したんでびっくりしましたよ。最近では2週間で6キロのダイエットをしたり…だいぶ不安定になっているのでは、えれぴょん大丈夫でしょうか。アイドルが嫌になって引退しちゃうのでは、なんて言う人も多かったです」(熱心な男性ファン)

今年2月頃にも、彼女はこんなツイートをして削除している。

「ヘルプミーなんて言えないんだよ。 それは、禁句なんだよ。言ってもいい。でも、言ったらきっと、全てが壊れる。それでもいいなら言えばいい。痛い、それは、怖い。あぁ、もう嫌だね」「何が正解? 何が不正解? 答えなんてずっと見つかりっこない。あるなら教えて欲しいな。何処に向えばいい? 真っ暗だよ」(※原文ママ)

アイドルたちが生き残りをかけてしのぎを削る中、小野はファンと抱きしめ合うハグ会などを行っており、時にはネットで「必死だなw」「やり過ぎwww」などと誹謗されることもある。そんな状況が、彼女に自身のアイドル否定ツイートをさせた可能性はある。

「彼女はスキャンダルでAKBを追われたと言われています。それでもアイドルとしては物凄く才能があるコだから、こんなことにめげずに頑張ってほしいんですが…」(前出・ファン)

まだまだ19歳という年齢を考えれば、ソロのアイドルとして活躍していくのは過酷なことだろう。とはいえ、我々としてももうちょっと彼女の活躍を見ていたいところだが。

(文/鈴木健太郎)

シェア