【本日発売】缶チューハイ「ストロング系」がアルコール12%時代に突入! 『サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ』全国発売へ

 

缶チューハイなど、いわゆるRTD(Ready To Drink=フタを開けてすぐそのまま飲める飲料)市場では“高アルコール”競争が激化している。ビール系の新ジャンルではアルコール9%の商品も登場して衝撃を与えたが、いよいよ缶チューハイの世界は「アルコール12%時代」に突入する。2019年2月26日に全国発売(限定発売)『サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ』は、アルコール12%の強炭酸が特徴という缶チューハイ。未知の高アルコール缶チューハイは、いったいどんな飲みごたえなのだろうか。いち早く試飲してチェックしていこう!

 

ストロングな高アルコールで早く酔いたい人のための「アルコール12%」缶チューハイだが…

近年、RTD飲料の市場では高アルコール競争が激化している。いわゆる「ストロング系」と呼ばれるアルコール度数7~9%の商品群が、RTD市場の伸長を牽引している。実際、2月21日にはキリンビールが2019年のRTD戦略として、ストロング系商品を中心に販売を強化していく方針を説明したばかりだ。そしてサッポロビール株式会社(東京都渋谷区)でも、ストロング系の『サッポロ チューハイ99.99』シリーズを昨年8月に発売。ヒットを続けている。

サッポロビールでは、そんなRTD市場のストロング系に衝撃の“アルコール12%”という、従来よりも遥かに高アルコールな缶チューハイを全国限定発売する。それが『サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ』(350ml缶・参考価格 税抜160円・2019年2月26日発売)だ。

なんと12%という驚きの高アルコール『サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ』

アルコール12%のストロング系チューハイ自体は、昨年コンビニのローソンとポプラ限定で「サンガリア スーパーストロングレモン」という商品を発売したものの、定番化には至っていない。「さすがにアルコール12%はリスクが高いのでは?」という声もあったようだ。

パッケージにデザインされた「ALC.12% 強炭酸」という文字がインパクト大!

 

アルコール度数12%がそんなに強いのか問題

ただ、よく考えてみてほしい。アルコール度数が12%というと、一般的なワインと同レベル。日本酒なら15%、焼酎は25%程度のアルコール度数なのだ。それを考えると、12%がそこまでリスクを感じるレベルのアルコール度数とは思えない。しかも、この「サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ」は、タレントのマツコ・デラックス、有吉弘行がテレビ番組で訴えて人気に火がついている「強炭酸」を採用。しっかりと市場ニーズを見据えているのが見て取れる。

「別次元のうまさ」を感じられる仕上がり

残念ながら日本経済は二極分化が著しく、SNSで1億円もバラまける一握りの層以外は、牛丼チェーンに数十円高く支払うことさえためらうサラリーマン層がほとんどという現状。当然、晩酌も贅沢できないため、高アルコールで早く酔いたいというニーズがストロング系缶チューハイの伸長を後押ししているのだ。

 

せっかくならば、コスパが良くてうまい缶チューハイが飲みたい。そんなサラリーマンたちの哀愁を具現化してくれたのが、この「サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ」なのだ。それでは、実際にいち早く入手したアルコール12%の缶チューハイを試飲して、検証してみよう。

 

スッキリ甘くないキリッとしたレモン味
「サッポロ マグナム レモン」

まずはサッポロ マグナム レモンからチェック!

「サッポロ マグナム レモン」から試飲してみる。グラスに注ぐと、強炭酸特有のシュワシュワとした泡立ちが爽快さを感じさせてくれる。

ガツンとくる強炭酸が飲みごたえバツグン

ひと口飲んでみると、レモンの爽やかな酸味と香りが広がる。甘さはかなり控えめで、スッキリとしたレモンの味が際立っている。そして、やはりキリッとウォッカの高アルコールが感じられ、ぐいぐい飲むとすぐに酔っ払ってしまいそうな予感がある。

 

ほんのり甘みがあるグレープフルーツ味
「サッポロ マグナム グレープフルーツ」

続いてサッポロ マグナム グレープフルーツを検証

次に「サッポロ マグナム グレープフルーツ」を試飲。こちらはレモン味に比べて、少し甘さが強い印象。ただ、それでも一般的な缶チューハイのグレープフルーツ味に比べれば甘さは抑えられてキリッとした後味を実現している。飲みごたえの印象は「サッポロ マグナム レモン」とほとんど変わらない。風味が多少異なるといったところ。これは好みで選べばいいのではないかと思う。

飲みごたえは「サッポロ マグナム レモン」とほとんど同じ

さすがにアルコール12%のストロング系チューハイを2本立て続けに飲むと、かなり酔いが回ってくるのが実感としてわかる。加齢とともに酒が弱くなってきた記者でも、普通なら350ml缶のRTD2本程度では酔わないものだが、足元がおぼつかない自覚があった。これはもう「あとは寝るだけ」の状態で晩酌として楽しむ酒だなという印象を受けた。

 

ぜひ定番化してほしい高コスパ缶チューハイだ!

「サッポロ マグナム レモン/グレープフルーツ」は、強炭酸のガツンとくる刺激が飲みごたえのある「喉ごし」を実現しており、しかもレモン・グレープフルーツの爽やかな果実の香りと甘さを抑えた味わいを感じられる缶チューハイ。そして、言うまでもなくアルコール12%という「THE ストロング系」というコスパの良さが大きな魅力だ。世のお父さんたちのために、ぜひ定番化してほしいRTD飲料が登場したと言えるだろう。

 

記事/おためし新商品ナビ

シェア