超高画質で配信「Reading wave Vol.1〜文豪〜」朗読会が話題 古谷大和・石渡真修・廣野凌大ら人気俳優出演

新型コロナウィルスの影響により、ライブ配信によるイベントが増えている。だがそれらの画質のレベルに不満を抱くファンも多いのは事実だ。リアルイベントの代替であるからこそ、せめて高画質で自分の応援するアーティストを見たいというのが人情だろう。

そんな中で超高画質をうたい注目を集めるライブ配信イベントが、配信朗読イベント「Reading wave Vol.1〜文豪〜」(6月26日金曜日20:00配信開始)だ。アクセスマガジンジャパンが主催するもので4K対応のカメラを使って配信を行う。配信自体は視聴者の閲覧性をふまえたフルHDの高画質(それでも「超」といっても過言ではない画質)で配信、アーカイブ映像も同様のフルHDにて配信を行う。

今回の「Reading Wave」では宮沢賢治、芥川龍之介、太宰治、森鴎外ら「文豪」の名作を上演。出演者は、古谷大和、石渡真修、廣野凌大ら 今舞台を中心に大きく人気を集める実力派ばかり。

A3・キンプリの古谷、テニミュ・メサイアの石渡、テニミュ・ハイキューの廣野らいずれも実力派俳優による名作朗読劇であり、かつ現在のライブ配信イベントに一石を投じる高画質であるため、ファンだけではなくエンタメ、配信関係者などから問い合わせも殺到しているという。

特典付きなど、様々な新しい試みも行われている同配信イベントの放映は今週末、気になる方はぜひともチェックを! また4K画質でアーカイブされるので、当日観られないという方も後日観られるのでご安心を。

(イベント詳細)
【Reading wave Vol.1〜文豪〜】
6月26日(金)20時より
※アーカイブは7月5日(日)25時まで視聴できます。(見逃した後も購入できます。)

出演:古谷大和・石渡真修・廣野凌大  
宮澤賢治「ツェねずみ」(3人)
芥川龍之介「お辞儀」古谷大和  
太宰治 「走れメロス」石渡真修 
森鴎外「木精」廣野凌大     
芥川龍之介「仙人」(3人)
アフタートーク  

【イベント詳細】http://amj.cc/special/reading_wave.php
【チケット】¥2500〜
【チケット購入サイト】https://mevie.jp/live-readingwave-v1-shop/ 上記にて購入できます。