【本日発売】熟成ホップが腹周りの脂肪を減らすという常識破り! 機能性ノンアルビール味の進化系『キリン カラダFREE』

ビールを飲みたいが、アルコールやプリン体、カロリーを控えている人は、涙を飲んで諦めるのが健康のヒケツ…だったのはもう昔の話になりつつある。人生100年時代を迎え、巷では健康に特化した機能性表示食品が多い。そしてノンアルコールビールテイストにもその風が巻き起こってきた。何と『キリン カラダFREE』は、お腹周りの脂肪を減らす効果が期待されるノンアルコールビールテイストという夢のような製品。これは飲んでみない理由がない!

 

史上初!熟成ホップ由来の苦味酸で脂肪にアタックできる『キリン カラダFREE』

『キリン カラダFREE』(350ml缶・店頭実勢価格 税込157円 ・2019年10月15日発売)は、キリンビールが新発売する、ノンアルコールビールテイスト飲料。アルコール・カロリー・糖類・プリン体オールゼロなので、飲んでも罪悪感が無いのがうれしい

ダイエット中や制限中の気になるものは全てゼロ

 

しかし『キリン カラダFREE』はそれだけでは無い。キリンビールが10年以上、100人以上をかけて開発した独自素材である「熟成ホップエキス」を使用した機能性表示食品だ。1日1本を目安に12週間飲み続けた結果、”お腹まわりの脂肪を減らす”効果が確認されているそうだ。

お酒じゃないので軽減税率対象!

熟成ホップの苦味酸を機能性関与成分として使ったのは史上初

 

同メーカーでは、難消化性デキストリン(食物繊維)配合で脂肪の吸収を抑え、糖の吸収をおだやかにする機能を持った、ノンアルコールビールテイスト「パーフェクトフリー」が発売されている。こちらは脂肪の吸収を防ぐ機能だが、『キリン カラダFREE』は吸収してしまったお腹周りの脂肪を減らす機能。なかなか減らないお腹周りの脂肪に、ビール気分を味わいながらアタックできるなんて、ダイエット中の人には朗報だ。

 

 

ビールの雰囲気に近い、多機能なノンアルコールビール

それでは実際に飲んでみたい!

パッケージは3色に分かれているが白がベースで爽やか

 

缶を開けると、甘めのフローラルとも取れる香りがした。ノンアルコールビールテイストや第三のビールには、花や果実のような少々甘めの香りがあることが多い。

独特な甘味のあるフレーバー

 

グラスに注ぐと、炭酸の弾ける音と共に軽く泡立つ。泡立ちは悪くない。色は琥珀に近い黄色味で、ビールに近い印象だ。

シュワシュワとした音が、しっかりとした炭酸を感じさせる

 

口に含んでみると、炭酸がピリッと弾けた後に甘味が残る。口から鼻に抜ける風味から苦味を感じた。これが、熟成ホップ由来の苦味酸なのだろうか。ビールテイスト飲料系は、味が薄いイメージがあるが『キリン カラダFREE』は甘味と苦味の後味がやや濃いめ。

 

思いの他しっかりとした炭酸がキレのような役割をしている

 

一口目に感じた甘味と香りが気になった記者だったが、飲み進めていると徐々に慣れてきた。慣れると後味の苦味が強くなる。炭酸の刺激と苦みを喉で味わっていると、甘味が気にならなくなり、アルコールフリーなことを一瞬忘れかけた

甘みのある香りで、普段チューハイを好む人にも良さそう

 

ビールとはいかないが、ビールの雰囲気は出ている。そもそもの目的はビール気分を味わいながら、ヘルシーであること。アルコール・カロリー・糖類・プリン体オールゼロで、さらにお腹周りの脂肪を減らせるプラスαが付いてくるなら文句ない。日々の晩酌を変えてみる価値はある。『キリン カラダFREE』は飲みたい気持ちと、ダイエットしなくては、の気持ちを同時に叶えてくれるノンアルコールビールテイストだった。

 

風呂上がりや帰宅後にとりあえずプハー!より食事と一緒に雰囲気を楽しむのが良さそう

 

『キリン カラダFREE』の入手は全国のコンビニ、スーパーなどで可能だ。

 



【関連記事】
うまくて意外!売れ行き好調の内臓脂肪も減らす『からだを想うオールフリー』を飲んでみた!
一番搾り製法をノンアルで!? 『キリン 零ICHI(ゼロイチ)』が挑んだビール味の限界を飲んだ!
『キリン一番搾り生ビール』発売30年目を目前に1年半でリニューアル! 何が変わった、どう変わった!?
『頂〈いただき〉』なにかと話題の新ジャンルはガツンと飲みごたえある本格派の酒だった!
【飲み比べ】新商品『超芳醇』と『匠の冴(さえ)』が加わった『一番搾り』ブランド。美味しい1杯を求めて3種飲み比べ【比較】