『本枯節つゆ』は最高級“本枯節”と”真昆布”、”しいたけ”の出汁が抜群!調味料無添加、素材だけで作った万能高級つゆだ。

 

モンドセレクションの最高金賞の常連、「かき醤油」「金ごまわさびドレッシング」といった商品は、おそらく誰でも知っているのではないだろうか。これらの商品を生み出した、老舗の醤油・つゆメーカー株式会社アサムラサキ(広島県福山市)が発売する『本枯節つゆ 』を、今回はご紹介しよう。包装されビンに入った姿には高級感が漂い、封を切る前から、その味わいに期待が大きく膨らむのである。

高級感あふれるパッケージ

 

“段違い”の出汁の旨みと香り!

何はともあれ、まず試食である。『本枯節つゆ』(400ml メーカー希望小売価格税別550円)の味わいを引き立てるために、できるだけシンプルなレシピ=「ざるうどん」で、さっそくいただく。

ストレートタイプなので、ざるうどんには、そのまま薄めず使用。薬味にアサツキとわさび、生姜。うどんを付けて口に入れると、甘みと醤油味が適度で上品。そして飲み込んだあとに口の中に、出汁の香りがしっかりとアピールしてくる。その味わいが、鰹としいたけの香りに包まれて、どことなく郷愁を感じさせるバランス。これは抜群にいい感じなのである。

お皿に注いでみると意外と液の色が薄い

記者が普段食べているつゆと食べ比べると、まず見た目の色が薄く、味は素材の味がしっかり。もういつものつゆは、ただしょっぱくて、ただ甘いだけのように感じられてしまう。そのくらい、味わいが格段に違うのである。

そうめんやひやむぎ、ざるそばには、そのまま薄めずにストレートで、またかけつゆには2倍に薄め、すまし汁には4倍に薄めて使用とのこと。

ちなみに、この『本枯節つゆ』でざるそばをいただき、そば湯で薄めると、そば湯の温かさでつゆが香り立ち、また一段と出汁の良さが際立って感じられた。

 

北から南から厳選素材のみを使用!

さて、この『本枯節つゆ』の出汁に使用されている素材だが、まずは「枕崎産の鰹節」。鹿児島枕崎産の本枯節が出汁のベースになっている。

「本枯節」とは、何度も表面にカビ付けを繰り返し行い熟成された、非常にコクのある最高級の鰹節のこと。スーパーなどで売られているような「削り節」や「花かつお」に使用される「荒節」とは、製法も製造期間もまるで異なるのだ。

さらに、そこに北海道産真昆布九州産しいたけの出汁を加え、本醸造醤油と本みりん、清酒から作ったかえしを合わせ、調味料を加えずに作った、こだわりのつゆである。

まさに日本列島の北と南の美味しい素材を活かして出来た、こだわりのつゆなのである。

麺つゆ、天つゆ、すまし汁はもちろん、さまざまな料理に、ちょっと和風のアクセントを加えたりするのに、この上品な甘みと旨みは重宝しそう。

記者は、マヨネーズと『本枯節つゆ』で、「和風きのこスパゲティ」も試してみたが、きのことの相性も非常に良く、おすすめである。

日本人は、つゆの出汁にはうるさい“こだわり派”が少なくないが、この『本枯節つゆ』なら、そんな方々にも満足いただけるのではないだろうか。一度ぜひお試しいただきたい。

 



記事/おためし新商品ナビ

シェア