V系ロックバンド『SAKURA』が約3年振りに海外にて再始動


伝説のV系ロックバンド『SAKURA』が待望の復活! NEW mini albumを引っさげマレーシアで2日間に渡り26000人を熱狂させ、地元TV番組、新聞社にも大きく取り上げられることとなった。

『SAKURA』といえば、2014年シークレットとして参加した舞浜アンフィシアターにて初ライブを成功させ、池袋EDGEのワンマン公演より本格始動2015年の夏に突如、活動休止を発表。それだけに今回の復活は当然大きな注目を集めていた。

豪華サポートメンバーと共に海外での音楽活動の再開を発表したなんとキーボードは、あの伝説のギタリスト『千葉充』の一人息子。彼の洗練されたピアノの旋律にマレーシアの26000人が熱狂したのも当然だろう。

また今回、会場限定で発売されたCDの売り上げの一部をvocal.烈とmanager.TK氏が自ら台湾の孤児院へ届けるなど、エンターテイメントの枠組みを超えた活動にも話題になっている。

そんな桜のNEW mini albumが遂に日本でのCD発売を迎える、今すぐチェックを!

【SAKURA 2ndMiniAlbum】
「桜の涙-2粒目-」2018.06.27
JAPAN RELEASE!!

[収録曲]
1.ユメハナビ
2.手を繋ごう
3.GOEMON
4.ソレデモ僕ハ愛ヲ乞ウ
5.桜舞い散る恋物語 -international ver.-

¥2,500 (税込)







シェア