20歳のスナックのママがワンマンライブ開催で満員御礼! 人気ママ&アイドルの川﨑芹奈が凄すぎた!

7月に渋谷でオープンし、話題の「ヤングスナック-芹奈-」の芹奈ママこと川﨑芹奈の初めてのワンマンライブ「川﨑芹奈 1stワンマンライブ〜21歳のはじまり〜」が11月23日渋谷で開催された。

スクリーンにカウントダウンの映像が流れ、SEが流れ終わってもステージに川﨑の姿は無し。会場の2階から「うしろ〜!」との声。2階から登場した川﨑は階段、フロアを駆け抜けステージへ向かい彼女のファーストシングルでもある「サイボーグ」からライブはスタート。カバー曲も交え立て続けに曲を披露しMCでは初披露された新しい衣装に触れ、「派手にいきます」と宣言。

新衣装にはスナックのママをイメージし小さいエプロンが付いている。

この日、初披露された新曲「グッバイ、ブルー」は彼女のマネージャーが作詞作曲を行ったとの事。マネージャーの芹澤氏は幼少の頃よりピアノを始め、高校時代には作詞作曲を行っていてこの日のライブではピアノで伴奏もこなすマルチな才能を発揮。

川﨑の尊敬する先輩、滝口成美がゲスト出演し、一月早くクリスマスソング「ひとつプレゼント」と滝口の代表曲「100%以上をこえて」を2人で披露し会場を盛り上げる。

明日21歳の誕生日を迎える川﨑にサプライズで会場のファンから花束とケーキが贈られる場面も有りアットホームな形でライブは進み、ステージ上の川﨑からタンバリンが客席に配られ、彼女のアコーステックギターでの演奏と客席からのタンバリンの音色とファンの大合唱によって会場は更に盛り上がっていった。





MCで今年1年を振り返り「1月にグループを卒業し、3月からソロデビューし、今日の大事なライブに来てくれた大事な皆さんです」と語り「グループとソロは全然違いグループ時代に応援してくれてた人が来なくなったり、興味を無くなった人も全然居ます。今アイドルと呼べるのか、呼べないのか、自分でもわかっています。グループでずっとやっていくと思っていて、グループ時代はつらいと思った事がなかったがそれは理想がなくて始めて全てを受け入れられたからで、グループ時代は青春で輝いている思い出として残っています。ソロになってからは辛いことも多いが、やりたい事、考えていた事、理想が形になっています。スナックを開いた事、オリジナル曲のプロデュース、弾き語りでのライブ。同級生は学校を卒業し、就職してる年代で私もスナックに就職した気持ちでやっています。仕事だからつらいことがあるのも当たり前でそれを受け止めて大人になった20歳、いい方に変わった1年でした。21歳の目標は自分の好きな90年代のカバーのアルバムをリリースしたい、スナックを続けたい、ソロで大きなステージに立ちたい」と力強く語った。

本編最後に選んだ曲はソロになっての初めてのオリジナル曲「I’ll pray for you」をピアノの伴奏のみで歌い、彼女の今の気持ちを切り取った歌詞と相まみえこの日を象徴するシーンとなった。

アンコールはギター1本で「今日までそして明日から」を歌い、最後の曲はこの日、1曲目にも披露された「サイボーグ」をワンマン特別versionの形で送り締めくくられ「21歳もよろしくお願いします」と深々とお辞儀をした彼女の顔は笑顔で溢れていた。

アイドルとしての川﨑芹奈、ゲストの滝口成美とのコラボの相性の良さ、弾き語りでしっかり歌を伝える姿勢、等身大の川﨑の魅力が発揮され、彼女の伸びしろを感じさせるライブであった。スナックの芹奈ママとしての成長も楽しみな逸材である。

【2017年11月23日「川﨑芹奈 1stワンマンライブ 〜21歳のはじまり〜」詳細】

OP映像
M1.SE_SERINA (ONEMAN Ver)
M2.サイボーグ
M3.私がおばさんになっても
M4.癒しのアイテム
M5.グッバイ、ブルー(新曲)
M6.SE LION
M7.My voice for you (滝口成美)
M8.Beautifuldays (滝口成美)
M9.ひとつプレゼント (滝口成美と共演)
M10.100%以上をこえて (滝口成美と共演)
M11.SWEET 19 BLUES (滝口成美と共演)
M12.二人
M13.イージュー★ライダー
M14.日曜日よりの使者
M15.流星に乗って・・・
M16.I’ll pray for you(Piano ver)
EC1.今日までそして明日から
EC2.サイボーグ(ONEMAN ver)

川﨑芹奈Twitter:@serina_kawasaki
滝口成美Twitter:@narumitakiguchi
 川﨑芹奈スタッフTwitter:@Serina_STAFF 
ヤングスナック-芹奈-Twitter:@ysnack_serina

シェア