ホーム 食べてみた 一旦ソファーに座ったら、二度と動きたくない人へ! ソファーの肘掛けにドリンクホルダー『カウチコースター』

一旦ソファーに座ったら、二度と動きたくない人へ! ソファーの肘掛けにドリンクホルダー『カウチコースター』

0
一旦ソファーに座ったら、二度と動きたくない人へ! ソファーの肘掛けにドリンクホルダー『カウチコースター』

お気に入りのソファーに座って、お気に入りのDVDやテレビ番組を観る至福のひととき。しかしお気に入りのドリンクの置き場所に困っていないだろうか。テーブルに置けばよいしょと手を伸ばさなければならないし、ソファーの肘掛けに不安定なまま置けば、ひっくり返して大惨事に…。ところがこのカウチコースター』がありさえすれば、何とソファーの肘掛にそのまま抜群の安定感で載せることができるという。本当なのか!?

たいていのソファーにフィットする不思議でおしゃれなフォルムのドリンクホルダー

一日の終わり、仕事や家事からようやく解放されて、リラックスしてソファーでくつろぐ至福の瞬間。DVDで映画などを観る時は、一旦リモコンのスタートボタンを押したら最後、エンドロールが止まるまで、できるだけソファーから動きたくないもの。ドリンクもできれば手元に置いておきたいのだが、なかなか最適な置き場所がなくて困っている人も多いのでは?

そんな時に役立つ株式会社ハーフェレジャパン(神奈川県横浜市)の『カウチコースター』(約555g・シリコーン樹脂/スチール/ABS製・希望小売価格税抜3,650円・発売中※幅12cm以上のアームに設置可能)の使用方法はとても簡単。箱から取り出して、ソファのアーム部分にカウチコースターを乗せるだけ。全長約425mmのベルト部分の端には重りが入っており、シリコーンの摩擦力とともに肘掛け部分に載せるだけで安定させる。なるほど。これさえあれば、テーブルがない場所でも、ソファの肘掛けの部分に様々な形状のドリンクを安全にホールドすることができるというわけだ。

さらにマグカップやタンブラーのみならず、缶や細身のビンなど、付属のアダプタを使用すれば内径の調節が可能で、あらゆる種類のドリンクにフィットする。もちろんドリンクのみならず、リモコンやスマホを置くのにもいい。

使用説明書によれば、肘掛けの幅が12センチ以上あれば、ソフトタイプのソファーから、きっちりとしたハードタイプのものまで、あらゆる素材と形状のソファーに対応可能なんだとか。ただし、クッションには対応していないとのことなのでご注意を。

これで、うっかりソファにコーヒーやワインをこぼしてしまってパニックになることもなく、最後まで安心して映画やスポーツ観戦に熱中できること請け合いだ。

試行錯誤を繰り返し、5年がかりで完成

 

そもそも、この商品が誕生したきっかけは、今から7年前に遡る。ある日、サッカーのTV観戦に熱中していたイギリス人の青年バリー・フリーダー氏が、ソファの肘掛けに不安定に置いたビールのボトルを目にして、「なんとかソファの肘に安定してボトルを置けないだろうか?」と、頭を巡らせたことに端を発しているという。

現在のスタイリッシュなデザインからはまったく想像もつかないが、記念すべき最初の試作品の素材は、手作り感満載のダンボール。そこから、ビーズクッションをヒントに、インド食材店で購入した豆と布で試作品を作ってみたり、粘土やシリコン素材を使ってみたりと、一人で試行錯誤を繰り返しながら改良を重ねること5年。最終的にはデザイナーとコラボレーションを行い、理想の商品を完成させたというから、その熱意と探求心には頭が下がる。

「リビングや部屋の雰囲気を壊さないデザインであることを心がけた」というだけあって、シンプルでありながら、安っぽさは微塵も感じさせず、あらゆるソファにマッチする上、スリーブの取り外し、マグカップやグラスだけでなく、細身の瓶や缶などにも簡単に対応でき、さらに掃除も簡単という実用性も兼ね備えているとは、なんとも心憎い。

 

気になるネーミングの由来は?

 

カウチには(couch/寝イス、長椅子ソファ)という意味があるが、コースターには一般的な(coaster/テーブルの上を保護する覆い)という意味の他に、「楽をする人」という意味もあるというから、「ソファ」で「楽する人」とソファの肘掛けを「覆う」という意味のダブルミーニングなのではないかと予想される。

小さいお子さんがいるご家庭や、ペットがソファに飛び乗ってきて大惨事!という経験がある方にも、ぜひオススメしたいアイテムだ。

『カウチコースター』があれば、リラックスタイムの満足度がさらにアップすること間違いなし! カラーバリエーションはブラウン、ブラック、レッド、グレーの4色。ソファの色やインテリアに合わせて、気に入ったものを選ぶことができる。Amazonなどオンラインショップで購入可能だ。

記事/おためし新商品ナビ