怒って眠ると原因の出来事が忘れられなくなる、大学研究で判明 ムカつき、悲しみながら寝るのは最悪だった

何かに怒ったり、ムカついたりした状態で眠ってしまうと、その原因となる出来事が忘れられなくなることが判明した。ネガティブな事をいつまでも覚えていてしまうなんて、つらすぎる!

北京師範大学の研究チームは、記憶と睡眠の間の相関関係について調査。大学生73人を被験者に、怒りを引き起こす内容の写真2枚を見せて記憶させた。その後被験者の脳のスキャンを二日間にわたり行った。

その結果、被験者らは写真を見た直後よりも一晩経過した後に、その記憶が強くなってしまったのだ。

脳のスキャンイメージを見てみると、脳が写真を見た直後には短期記憶を行う海馬部分が活性化し、眠った後には長期記憶を行うする大脳皮質が活性化していたのだ。

つまりネガティブな記憶を持って眠りに落ちると、脳が大脳皮質を活性化して長期記憶化してしまい、いつまでもその記憶が忘れらないものになってしまうということ。

全てを忘れて眠るのが一番なのです…。

研究チームによれば、これらのネガティブな記憶は、視覚的なイメージだけではなく、怒りや悲しみ、トラウマといった負の感情自体も含まれるという。寝る時には嫌なことをなるべく思わないようにして、気持ちも切り替えて眠ることが重要なのだ。

でも、それが難しいんですよね。

文/関本尚子

シェア