祖母にヴィトンをプレゼント→生魚詰めまくってたでござる…_| ̄|○ 高級品と知らず使いまくるおばあちゃんが話題に

もったいない? いや、微笑ましいと今話題なのが、ルイ・ヴィトンのバッグを買い物バッグにしているおばあちゃん。彼女はそれがそんな高級バッグだとは知らず、生魚や生野菜などを詰めまくるため、スーパーや市場に行っているのだ。

BBCなど複数の海外メディアが配信したこのエピーソードは、台湾からのもの。祖母がいつも同じボロボロのバッグを使っていたので、それを見た孫は、今までの感謝も含めて高級バッグをプレゼントしようと、家族からお金を集めた。

そうして集まった費用で、約13万円相当のルイ・ヴィトン「ネバーフル」(Neverfull)のバッグを購入。そして、おばあちゃんにプレゼントすると大喜び!

こういうのをヴィトンに詰め込んでいたわけです。

だが数日後、おばあちゃんが市場から帰ってくる姿をみると、その高級バッグの中には生魚がびっちり…。あぜんとして祖母に話しかけると、防水がしっかりしているので、食材の汁が漏れなくて最高の使い心地!とのこと。

そんな風に嬉しそうに孫に報告するおばあちゃん、もうそれ以上は言えないわけで。孫も結局そのバッグが高級品だとは祖母に告げていない。というわけで、彼女は今でもこのヴィトンの高級バッグを持って買い物に出かけては、生魚、野菜、生肉などをつめまくっているとのことだ!

文/高野景子