定員オーバーの飛行機、客を引きずり下ろす様子が酷いと炎上 ユナイテッド航空が中年男性を強制拘束して無理やりに

定員オーバーとなった飛行機から、航空会社が乗客を強制的に引きずりおろした映像が、“あまりに酷い”として大きな話題になっている。いやがる中年男性を、屈強の職員たちが無理やり拘束して引きずり下ろしているからだ。

AFP通信など複数の外信によれば、事件が起きたのは今月10日(現地時間)。シカゴ・オヘア国際空港を出発し、ケンタッキー州ルイビルに向かう、ユナイテッド航空3411便で発生した。

同社のミスにより、定員より4人多い乗客を受け入れていることに気づくと、ユナイテッド航空は乗客に対して次の便に変更してくれるよう要請。宿泊券や報酬などを提示したというが、それに応じる客は誰もいなかった。

その結果、任意に4人の客を選び出して降りるように要請。3人はしぶしぶ降りたが、もう1人の男性は拒否。するとマッチョな職員らがこの男性を引きずり下ろしたのだ。

ショッキングな映像だ。

映像を観ると、眼鏡の中年男性は眼鏡がずりおち、シャツが上がった状態で、通路を腕を掴まれたまま引きおろされていく。この男性は医師であり、翌日朝に予約の患者がいたために、便をずらすことができなかったという。また男性は乗務員に対して「私が中国人だから、選ばれたのか?」とも抗議したという。

この映像は、それに憤慨した他の乗客が撮影したもので、インターネット上に拡散されると、瞬く間にバイラルしていった。

このトラブルをうけて、ユナイテッド航空の最高経営責任者(CEO)は「詳しい経緯を把握するよう努めています。このお客様と直接話して事情を説明し、問題を解決するようにします」と語っている。

参照・CNNニュース
文/高野景子

シェア