野菜好きはラーメン好き牛丼好きよりも幸福度高い 果物や野菜はたべるほど幸福感高める

フルーツイメージ

果物や野菜をたくさん食べるほど、幸福感が大きくなるという研究結果が明らかになり、全世界の肉好きやラーメン好きなどのジャンクフードファンに衝撃を与えている。

英国のウォーリック大学とオーストラリアのクイーンズランド大学の共同研究チームは、オーストラリア人1万2385人を対象に長期間の調査を行った。対象者らが摂った食べ物を日記のように作成させて、実験開始からの幸福感の調査・分析をおこなった。

野菜イメージ
野菜食っとけとりあえず!

その結果、果物や野菜を積極的に摂っていると、2年以内に幸福感が改善されて大きくなっていくことが判明。しかも幸福感は、1日に最大8倍まで大きくなったというから相当なものだ。

この研究を行ったアンドリュー・オズワルド教授らは「果物や野菜を食べると健康に良いだけではなく、人生の満足度が上る可能性がある」と指摘。

ラーメン二郎イメージ
ラーメン二郎だったら野菜マシマシだから幸福度もばっちり…?

また「人々は健康のためだといって健康食品をよく食べますが、それらはがん予防などのためであって、効果がわかるのは数十年後です。しかし野菜や果物を食べれば、健康に良いだけではなく、幸福感もすぐに上昇します」とも。へたなものを食べるより野菜や果物は、人生にとっても有意義なのだ。

毎日ラーメンや牛丼ばかり食べている方は、野菜をマシマシにしたり野菜サラダのトッピングもつけた方が良かったり?

文/高野景子

シェア