金正男暗殺の美貌スパイは超エリートだった ハニートラップ、殺害技術、学歴…全てトップクラス

女スパイイメージ

金正男氏暗殺で話題となっているのが、朝鮮人民共和国(北朝鮮)の女性工作員たち。今回の事件で拘束されているスパイたちもその手口や背景ではなく、美貌についても注目が集まっており「北朝鮮のマタハリ」と評するメディアもあるほどだ。

米国の自由アジア放送(RFA)によれば、スパイ組織である朝鮮人民軍偵察総局は最近では、女性工作員の養成に力を入れていたという。

同組織は09年に組織改変を行った時から、女性工作員の数を増大、活動領域の拡大を行うようになった。女性の方が諜報活動や破壊工作において、男性よりも疑われず、またハニートラップなどの仕掛けも容易だからだという。

また同メディアによれば、女性工作員たちはおもに3〜4人のユニットで活動しており、スパイとは思えないような洗練された容姿と服装をしており、また知的水準も非常に高く、一般人には見分けることは困難。

北朝鮮が女性工作員を選ぶ基準は非常に厳しく、女性たちはルックス、外国語の能力、党への忠誠心など幅広い項目において高レベルでないと選定されないという。

金正男暗殺スパイ映像
金正男氏の暗殺容疑で拘束されている女性の映像。

今回金正男氏の殺害に関与したと思われる女性スパイたちも、この激しい選抜を勝ち抜いてきたスーパーエリートだと見られている。正男氏にハニートラップを仕掛け、容易に近づいて殺害できたように、その美貌をほこっているのも「当然」だというわけだ。

文/高野景子

シェア