新宿東宝ビルのゴジラカレーは火を吹く辛さ スパイシーで真っ黒なルウに、ゴジラ的にデカいナンもついてくる


白いごはんを食べるように見える、黒いルウ部分がゴジラなのか?
白いごはんを食べるように見える、黒いルウ部分がゴジラなのか?

旧新宿コマ劇場跡に建設された複合施設「新宿東宝ビル」。外観にゴジラが顔を利かす本ビル1階にはレストラン施設が集合し、その中に口から火を吹くほど辛いという「ゴジラカレー」がある。これは、ゴジラ級の辛さに、辛味防衛軍の筆者が戦いを挑んだ物語である。

新宿の新名所となった東宝ビル。
新宿の新名所となった東宝ビル。

■序章;ゴジラ色に染まる

訪れたのはインドカリーダイニング コバラカフェ。スパイシー&ヘルシーをテーマに、インドの人気店で腕をふるったという総料理長が作るカリーたちは、数十種類ものスパイスと野菜をベースに作る本格インドカリーだ。その中で一際目立つ色で出迎えるゴジラカレー。一見黒いように思うが、ほうれん草をベースにイカスミを混ぜたような、濃いグリーン。ライスにはチップスターのうす塩のようなパパドゥが刺さり、ゴジラの背びれに見立ててある。

ランチもディナーも美味しい。
ランチもディナーも美味しい。

メニューもいい感じ。
メニューもいい感じ。

■1話;油断大敵

ルーをスプーンに取ると喉にくるような匂いもなく、これならばとニヤリ顔で勝負を挑んだのだが。辛さは口に入れた瞬間。舌に喉にと辛さが襲ってくるが、それは一瞬だ。後引く辛さというわけでもなく、手が進まないほどではない。ルーの中にはエビやイカ、アサリなどのシーフードが入っており、それらは噛むほどに旨さがにじみ出る。しかし、ここからが戦争だった。

■2話;辛さに隠れた罠

ライスとルー、これだけで普通の一人前なのだが、これにゴジラのしっぽとかいう、ミニナンが付いてくるのだ。ミニとか言うくせに、両手からはみ出る大きさ。表面にカリッとした部分もありつつ、中はもっちり。お腹はすでにライスで膨れているのに、このナン、甘くて美味しいんだよ! ルーの辛さとナンの甘さがちょうどいい具合で、手がススム、ススム。だが手を一瞬でも緩めると、満腹中枢が悲鳴を上げていることに気づき、うっかりルーでゴジラを作ってしまうほどだった。

■つづく…!?

なんとか食べ切り、この勝負引き分けかと思いきや。ショルダーバックの紐がお腹に食い込み苦しい・・・。ゴジラめ!! 覚えてろよ! 筆者のゴジラへの挑戦はまだまだ続く、はずはない。

文/新井華子