冷やし中華いつ終わるのか判明 平均気温が20度下がると「終わりました」に!?


あちこちで「はじまりました」冷やし中華。
あちこちで「はじまりました」冷やし中華。

最近天気予報では、天候や気温、降水確率のほか、紫外線指数や洗濯指数など視聴者が求める指数が出る番組も増えた。そんな中、マルちゃん公式サイトからは、冷やし中華予報なるものが真面目に発表! ここで問題! そういえな「冷やし中華、始めました」張り紙をよく見るが、その終わり時っていつだ?

■気温20℃を超えたら食べたくなる

マルちゃん公式サイトにある冷やし中華前線=冷やし中華始め時によると、沖縄那覇の3月17日を筆頭に、徐々に前線は北へ上がり、東京は4月19日とすでに到来済。5月11日現在、予報では金沢・新潟間を上昇中だ。この予報は1日の最高気温が7日平均で20℃を超えてくるタイミングを“冷し中華始め時”としているそう。確かに、軽い運動で汗ばむような20℃を超える気温なると、無償に冷やし中華が食べたくなるし、昼食を買いに入ったコンビニでも、目を引くようになる。

■じゃあ終わるのっていつよ?

しかし冷やし中華って、コンビニで見かけるようになるタイミングは知っているが、いつの間にか消えて、終わりました広告がない。とある東京23区の中華料理店237軒を対象にした調査によれば、やめる時期は9月中が72軒と最も多かったそう。また、各コンビニ、平均して9月いっぱいで店頭に並ばなくなるとのこと。ふむ。ちょっと気象庁で気温をサーチ。昨年の9月の東京の平均気温は23.2度。10月になると19.1度と、始め時と同じように、止め時も20度が目安か?

■あれ、冷やし中華の話のはずが…
ちなみに中華店の一部では、一年中メニューにある店舗もあり、始まりも終わりもないやんけ!とツッコミを入れたくなるところも。以前には笑いタレントAMEMIYAが、『冷やし中華はじめました』でブレイクしたが、『冷やし中華おわりました』で夏の終わりの寂しさを恋心に変えて、または『冷やし中華ずっとあります』って一生変わらない想いを詩にすればヒット間違いないんじゃないか? AMEMITYAの再起、冷やし中華終わりましたの張り紙とともにやってくるのを願いたい。

文/新井華子


シェア