肉フェス 2015 後期レポ! 肉好きトロかす肉汁&脂の逸品を実食レビュー!!! 真紅のルビーのようなミート矢澤ステーキ、宮崎牛A5ステーキ握り、会場の穴場スポットまで完全紹介


肉フェスの会場は入場無料、場内に入っただけで肉の焼ける匂いがジュウジュウ。香りだけで満足できそうなぐらい!
肉フェスの会場は入場無料、場内に入っただけで肉の焼ける匂いがジュウジュウ。香りだけで満足できそうなぐらい!

老若男女の肉食系が集まるGW注目イベントといえば、「Food Nations〜肉フェス〜TOKYO 2015 春〜」。すでに前期(4月24日から29日)が終了し、5月1日からいよいよ後期がスタートした。夏日にもなりそうな気温、太陽と肉というベストマッチング♪ 肉食系の筆者も炎天下のもと肉を食らいついてきた!

今年のGWは最高16日連休も可能と言われるロング休暇。とはいえ筆者が訪れた1日は、暦でいえば平日。何時間も待つような行列は少なく、赴くままに気になる肉を速攻ゲット。全国から集まる人気&話題の肉&スイーツ30店舗が集結。そのうち人気の高い6種類をレビュー! 見ただけでも満腹になりそうだ。

取材班が満場一致で「美味い」と思ったのはミート矢澤のステーキ。レアだが中まで火を通し、脂がほどよく溶けている。
取材班が満場一致で「美味い」と思ったのはミート矢澤のステーキ。レアだが中まで火を通し、脂がほどよく溶けている。

■ザ・肉フェス!!
 矢澤ステーキ(ミート矢澤)¥1400

最高級黒毛和牛をリーズナブルに味わえる、肉好きなら誰もが知る名店・ミート矢澤からは、A5ランクの黒毛和牛ステーキ。レアに焼かれた肉の”ザ・肉フェス”らしい見た目に、瞳からも肉汁がしたたりそうだ! これだけでご飯何杯もいけてしまう甘タレとA5肉がフォーリン・ラブ♪ まずいはずがない。この厚みにも関わらず、柔らか〜〜〜い! 添えられたきめ細かいマッシュポテトが、野外ながら高級焼肉店にいるような雰囲気を味わわせてくれた。

まるで屋台料理のようなカジュアルさがあるが、お味はセレブ。店の写真では肉部分は赤かったが、炎天下に配慮して肉の中まで火を通した?だとすれば、なんという優しさ!
まるで屋台料理のようなカジュアルさがあるが、お味はセレブ。店の写真では肉部分は赤かったが、炎天下に配慮して肉の中まで火を通した?だとすれば、なんという優しさ!

■サクシャキをお楽しみあれ
 牛カツレツ(きむらてつ 炙り屋緑)¥1400

ミディアムレアに仕上げた牛ステーキの写真に惹かれ購入。しかし、思った以上に屋台感がハンパない一品に驚きが隠せない。食べてみると、まだ温かく衣はサックサク! 京野菜の九条ネギもたっぷり乗っており、サクサクとシャキシャキの共演だ。わさび醤油でいただくカツレツに、チープなパッケージが台湾などの屋台街を歩いているような、身近な存在に思えたぞ。フェス内にカレーがあったら、カツカレーにして食べたい、なんて邪道だろうか。

舌の上に乗せた瞬間にとろける淡雪のような肉でシャリをつつんでみました、という逸品。
舌の上に乗せた瞬間にとろける淡雪のような肉でシャリをつつんでみました、という逸品。

■寿司ってだけでワクワクが止まらない
 宮崎牛A5プレミアムステーキ握り(丸ノ内 大安くらぶ)¥1400

日本人の寿司に対する憧れは一体なんなのか。日本人特有のあの期待感をまんまと戦略にしたこちらは、宮崎牛をバーナーで炙り、酢飯の上にのせたプレミアム寿司。紙皿に一枚牛肉が置いてあるだけでは残念にしか思わないのに、下に一握りのご飯があるだけで、ワクワクが止まらない! 肉にはコショウが効いており、濃い味付けなのに酢飯でさっぱり。一貫とはいわず、二貫・三貫と箸を進めたい。これはぜひ一口で! とてつもなく贅沢な気分に浸らせてくれるぞ。

焼きそばパンやメンチカツパンの最高位的存在のメニュー。なんて高級な購買部パン!という感動がある。
焼きそばパンやメンチカツパンの最高位的存在のメニュー。なんて高級な購買部パン!という感動がある。

■肉食系のパンケーキでしょ
 黒毛和牛切り落としドッグ(焼肉 くにもと)¥700

ご飯からパンに変わった途端の、このジャンキーさったらない! 見た目のインパクトは今日イチだ。こんがり焼かれた和牛を特注のバター風味ロールパンにサンド。肉はすき焼き風な味付けかと思うくらい、甘めに焼かれており、それにバターロールが相まって思った以上に甘いぞ! 冷えたスイーツで口の中の肉汁をさっぱり、なんてクソくらえ!なやつらにぴったりな肉スイーツ。ドデカパンケーキを食べるより、肉食系男子は肉パンが似合うと思わないか?

ご飯とみそ汁が買えるのは1店舗のみ。1400円のどこぞのステーキと、この700円の飯みそ汁セット、合計2100円の定食として食べるのもありかも。
ご飯とみそ汁が買えるのは1店舗のみ。1400円のどこぞのステーキと、この700円の飯みそ汁セット、合計2100円の定食として食べるのもありかも。

■優しい過ぎるよ! お兄ちゃん!
 おにいちゃんの豚汁(肉料理研究所)¥400 ごはん¥300

フェスでは焼き肉が主な中、汁ものを発見! “おにいちゃん”とは何を意味するのか。確かに差し出してくれたお兄さんは朴訥とした、北海道を思わせる優しい方。しかし! おにちゃんはそこじゃない! 最初に汁をすすったときは、薄い?と思ったが、これだけ味付けの濃いものがそろうフェスの中で、唯一と言っていいほど、優しい味付け。ちょうどいい薄味と気づく。なるほど、この優しさこそ、おにいちゃん!!! お腹も心もほっこり。「ゆっくり飲めよ(兄)」。

おおう!?
おおう!?

衝撃のコッテリ具合。
衝撃のコッテリ具合。

■写真からの実物。その裏切りようって言ったら
 肉ドーナツ(加藤牛肉店)¥700

看板にある“肉ドーナツ”の写真で即決。300枚限定なんだとか。穴が空いてりゃドーナツと言わんばかりの、ドーナツへの期待をコテンパに裏切るそのフォルムに圧倒。中身はメンチカツだ。揚げたてなので、アッツアツ! 肉汁たっぷりのカツに、甘タレ、マヨネーズと完璧組み合わせ。なはずなのに、硬い食感がなんとも…。買ってからスタッフに「ドーナツって言っても、メンチカツをドーナツ型にしているだけなんだけどね」って。早く言えよ〜おじさん!

「Food Nations〜肉フェス〜TOKYO 2015 春〜」は、駒沢オリンピック公園にて5月6日まで。ほか、幕張(5月10日まで)、横須賀(5月6日まで)でも開催中。

文/新井華子

場内では食券か電子マネーのみが使える。7000円分の食券があっという間に消えました。ひ、ひえ〜、高い!
場内では食券か電子マネーのみが使える。7000円分の食券があっという間に消えました。ひ、ひえ〜、高い!

食べるためのテント内は昼間はめっちゃ暑い!
食べるためのテント内は昼間はめっちゃ暑い!

有料のVIPテントなるものが存在。
有料のVIPテントなるものが存在。

有料VIPテントは、一人90分5000円。屋台の肉は、スタッフが買ってきてくれて、おまけに行列してても優先的に購入してきてくれるみたいです。忙しい人は、超行列しているときにいいのかも。
有料VIPテントは、一人90分5000円。屋台の肉は、スタッフが買ってきてくれて、おまけに行列してても優先的に購入してきてくれるみたいです。忙しい人は、超行列しているときにいいのかも。

「がんばろう福島」物産展も出ているのでチェック!
「がんばろう福島」物産展も出ているのでチェック!

入り口付近の売店では、特選神戸牛が、ものすごく格安に購入できます。1400円の「ざぶとん」はかなりのお値打ち価格。
入り口付近の売店では、特選神戸牛が、ものすごく格安に購入できます。1400円の「ざぶとん」はかなりのお値打ち価格。

肉料理研究所は場内で唯一ライスを購入できる。肉でごはんを食べたい人は要チェック。
肉料理研究所は場内で唯一ライスを購入できる。肉でごはんを食べたい人は要チェック。

肉フェス近くにある売店は、牛丼(500円)、カツカレー(680円)、焼き肉バーガー(200円)が美味しいことで密かに知られているので、要チェック。安心できて庶民的な値段、ここいい店なので、ぜひ。
肉フェス近くにある売店は、牛丼(500円)、カツカレー(680円)、焼き肉バーガー(200円)が美味しいことで密かに知られているので、要チェック。安心できて庶民的な値段、ここいい店なので、ぜひ。