ヨーグリーナ棚からの消え方が不自然過ぎる? 出荷停止はガチなのか、コンビニめぐりで検証

ヨーグリーナの消失は“仕掛け”なのかガチなのか。

ヨーグリーナの消失は“仕掛け”なのかガチなのか。
ヨーグリーナの消失は“仕掛け”なのかガチなのか。

前回こちらでも紹介した「サントリー 南アルプスの天然水&ヨーグリーナ」(515ml・124円)が一時出荷停止に。ネットでは「品薄商法か」と持ちきりだ。

■品薄商法?

サントリーでは以前にも「レモンジーナ」が品薄となり、出荷ができない状態と判断。未だに出荷再開されていない。そして今回の「ヨーグリーナ」は4月14日に発売し、3日後の17日には一時出荷停止の発表をしている。「またか」というサントリーに対する不信感もありつつ、ネットでは「品薄商法なのでは?」と厳しい意見も。

あるところにはある!
あるところにはある!

ないところにはない!
ないところにはない!

■あんなにあったコンビニから消えた

品薄商法とは、意図的に生産・出荷・販売数を少なくし売り切れなどを故意に発生させ、消費者に対して人気とみせかける演出や、希少と思わせる売り方。もぐもぐニュースで紹介したときは、出荷停止発表の直前。そのときはコンビニやらスーパーで大量に置かれているのを目撃していたので、「そんな売れている」感やヒット商品という感じもなく、新商品なんだというくらいだ。

■あるところにはある
が、出荷停止の発表から4日ほど経った本日、再びコンビニを練り歩いてみてると、本当だ、ない。しかもまったくだ。前回行ったときに「ヨーグリーナ」が置いてあった棚は、別商品が並べてあり、1本たりとも置いてない。運良くとあるスーパーで見かけたが、今度は2箱が陳列。あるところには、あるということか? あったところで、やっと見つけた感はないのだけれども。

そもそも、想像以上に売れたヒット商品なのだから、ポップ等で「ただ今品切れ」やら「お一人様◯本まで」とかあってもいいのにな〜と思うのは筆者だけだろうか。ない店舗には、最初から存在していなかったような雰囲気で、ある店舗も特にヒットを打ち出すわけでもなく・・・。謎は深まるばかり。

まぁあってもなくても、水はあるし。あえて野暮なことを言えば、ヨーグルト買うし。満を持して再出荷したときに、今度は大量に売れ残る、なんてことがないといいな。

文/新井華子