日本イチ母性くすぐるミソ汁のCMがスゴい 瀬戸康史が「あ゛〜っ」と叫んですする姿に、女性ら悶絶


「セブンプレミア カップみそ汁」のCMが話題だ。
「セブンプレミア カップみそ汁」のCMが話題だ。

これまで肉食系から草食系、ロールキャベツ系男子などさまざまな○○系男子が世に現れたが、今は朴訥系男子が注目を集めている。そんな朴訥系男子代表とも言える、俳優の瀬戸康史さんによる「カップみそ汁」(セブンプレミアム)新CMが放送開始。観れば結婚願望高まること間違いなし!

■みそ汁をすすった後の「あ゛〜っ」に注目

株式会社セブン&アイ・ホールディングスが商品開発するセブンプレミアム「カップみそ汁」新TVCMに若手俳優の瀬戸康史さんが起用。4月13日からオンエアされた本CMは、日本家屋のスタジオで撮影され、みそ汁を一口すすった後の瀬戸さんの「あ゛〜っ」という声と表情に、ホッとするような、そしてキュンとするような感覚が襲う。まさに朴訥系男子の魅力をたっぷりを感じさせるCMだ。

■朴訥系男子+みそ汁、究極のタッグ

朴訥系男子は、ないとちょっと物足りないし、一緒にいても飽きない。そして、いるとホッと心が安らぐ、いわば毎日出てくる“みそ汁”のような存在を持つ男子のこと。今回のCMではそんな、朴訥系男子にみそ汁という、究極の組み合わせだ。さらに”朴訥”の持つ雰囲気をそのまま表現したような瀬戸さんの魅力も加わり、世の女性は妄想が膨らむに違いない。

■見てて飽きない顔!

瀬戸さんはワタナベエンターテインメントに所属し、「D☆DATE」としてアーティスト活動も行う傍ら、俳優としての知名度も高い。2005年に芸能界デビューし、2008年には『仮面ライダーキバ』の主人公を務め、2011年にはNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で森蘭丸役で出演。現在放送中の大河ドラマ『花燃ゆ』でも、吉田松陰の松下村塾塾生・吉田稔麿役を演じ、人気・実力も急上昇中。その見た目は“朴訥系”を地でいくよう。可愛らしい顔だが、そこに男らしさのエッセンスもあり、毎日見ても飽きない姿に、ファンも多数。

■みそ汁の持つ”家庭”のイメージに結婚妄想は膨らむばかり

そんな瀬戸さんが出演する「カップみそ汁」CMは、みそ汁を飲む瀬戸さんの顔に寄った先にある、目元のホクロに釘づけ。さらに、一口すすった後の表情には、「私が毎日カップみそ汁にお湯を注いであげる!」という声が聞こえてきそうな爽やかな仕上がりだ。まるで同棲中のカップルのような、そして母親のような気分になれるCM。

放送は4月13日より始まっており、自分も「カップみそ汁」を買って、ご飯時にCMを観れば一緒に食卓を囲んだ雰囲気を味わえるはず。そんな妄想をしたところで、最後には「早く結婚しなきゃ」と思わずにはいられない・・・。

※CMはこちらより 参照/セブンプレミアム かっぷみそ汁
文/新井華子