ガリガリ君1981年版が復刻、でもなにかがヤバい! 今よりワイルド、あばれる君にソックリすぎた…!


1981年パッケージが復刻!
1981年パッケージが復刻!

いまや夏にかぎらず一年中愛されているアイスキャンディー「ガリガリ君」(赤城乳業)は、1981年に発売されたロングセラー商品。そのオリジナルバージョンの「ガリガリ君コーラ復刻版パッケージ」が、34周年記念として、希望小売価格60円にて4月7日から発売される。だが、このガリガリ君のなにかが大きく違うのだ!

1986年バージョン。
1986年バージョン。

■はっきり言えば芸人のあばれる君!

今のガリガリくんに比べれば、目が小さくて、服装もアカ抜けない。拳をふりあげて「ウーン ヤッタ」と言う姿はかなりワイルド…これなにかに似ている。…そうなのだ、現在一番注目株の芸人・あばれる君に激似なのだ。坊主頭が似ているだけでなく、その勢いあふれる野卑な感じが完全に一致!

1990年バージョン。ちょっとアカ抜けた?
1990年バージョン。ちょっとアカ抜けた?

■ガリガリ君が変貌したのは2002年から

赤城乳業のリリースに掲載されているガリガリ君の進化の歴史が非常に興味深い。95年まではほぼオリジナル、あばれる君に近いガリガリ君だ。だが02年から手書きからCGイラストへと変化し、今のガリガリ君へと変わってきている。子どもたちが菓子を買う場所が、駄菓子屋からコンビニへ変化した、その変遷とも一致していそう。

91年バージョン。服がダサくなった!
91年バージョン。服がダサくなった!

■ガリガリ君は子供への愛があふれまくったお菓子

ガリガリ君は1980年に、「子供が遊びながら片手で食べられるかき氷(赤城しぐれ)が、 出来ないか?」ということで商品開発されたもの。試行錯誤のすえに、溶けにくく、スティックが抜けないよう、かき氷をアイスキャンディーでコーティングして完成されたという経緯をもつ。

そんな子供たちへの愛情こめて開発された「ガリガリ君」のオリジナルスタイル発売まで、あとわずか!

95年バージョン。
95年バージョン。

02年バージョン。ケミカル!
02年バージョン。ケミカル!

06年からようやく、完全に今のスタイルに。
06年からようやく、完全に今のスタイルに。

文/鷹村優


シェア