セブンプレミアの袋ラーメン、子供の頃はじめて食べたインスタントの味がする 名店すみれ味噌ラーメンの美味さは妙に感動するぞ!


小学生の時はじめて食べた「ブタメン」を思い出す、そんな体験ができる味。
小学生の時はじめて食べた「ブタメン」を思い出す、そんな体験ができる味。

コンビニ大手セブン-イレブンの一部店舗で販売されている、セブンプレミア商品「GOLD すみれ 札幌濃厚味噌 箱」がとにかく美味い。店で食べるような濃厚さと、インスタント特有のチープな美味さの、相反するよさを同時に持っているから。

具がないといまいちですが、これ、美味しいんです!
具がないといまいちですが、これ、美味しいんです!

■通常の袋麺の2倍近いプレミア価格

これはいわゆる「袋麺」、鍋で調理して食べるもの。だけどふつうのとは違って、箱に入っている。値段も税込み170円と、通常の1.5倍〜2倍の値段。だったらカップラーメンや冷凍ラーメン食べればいいのでは…という意見もありそうだが、ちょっと違う。

カップや冷凍にはない、かわった味のポジションなのだ。だから、妙な感動がある。「すみれ」は北海道の超人気味噌ラーメン店で、冷めないようにとラードが膜になるほど入った、こってりとした味わいが特徴。

それをかなり忠実に再現しており、袋麺とは思えないほど脂の量が多く、また本家のような獣臭いワイルドな味わいがする。

■ビースト感あふれる野獣味

目をつむるとドナドナが聞こえるほど、ビーストなテイストがある。インスタント商品は、チープながらもスマートな味わいにしがちなため、こんなパンチの商品はあまりない。店のものよりも野獣味があふれる濃厚さで、そういう意味では超本格派。

とはいえ、冷凍ラーメンや生ラーメンのようにリアル系でもない。麺はあくまでインスタント風なのでチープだ。全体としては、お店のラーメンスープに、インスタント麺をつっこんだようで、ありえないというか逆にぜいたくな味わいなのかも。 

手作りでしか出せない美味しさと、インスタントでしかだせない美味しさがあって、その2極が同時に合わせるって、すごいことなのではと。

■子供の夢、みたいな極上の味

子供の頃、はじめてインスタントラーメンを食べた時って、みなさんは思い出せますか? 「はじめて感」が強くって、その時のような、とにかく新鮮で強烈な体験のある一杯です。

文/高野景子

箱のなかには素材が3つ。
箱のなかには素材が3つ。

作り方はふつうの袋麺と一緒です。
作り方はふつうの袋麺と一緒です。