「実物と違いすぎ」フォトショップ美女が男から暴行


中国のネット美女・王嘉韵にもフォトショ疑惑がささやかれている。
中国のネット美女・王嘉韵にもフォトショ疑惑がささやかれている。
フォトショップなどのレタッチソフトの普及により、写真の修正が誰にでも容易になったゆえに事件がおきた。インターネット上でで知り合った男女が、実際に会ったら違いすぎ、男性が女性に暴行したのだ。

中国の地方紙が先月27日に伝えたところによれば、黒竜江省ハルピンの男性は、中国版ツイッター「ウェイボ」を通じて出会った女性と恋に落ちた。そこにアップされた写真は、モデルのような涼やかな顔、大きな瞳、白い肌をしており、まるで「女神」のようだったという。

男性は数万円の飛行機チケットを購入し、女性が住む浙江省温州に向かったのだが、そこで待っていたのは写真とは似ても似つかぬ女性の姿。「あなたは“彼女”のはずがない、写真と違いすぎる」と抗議。

だが、女性の方は「私よ、写真とそんなに違う?」とケロっとしたもの、そんな彼女に激怒したのか、男性は彼女に暴行をはじめ、すぐに警察が出動する騒ぎとなった。中国地方市の取材に対して男性は「もうインターネット上での恋なんてしないよ絶対」(やや意訳)と答えたとのこと。

中国のインターネット上では、我々の感覚からすれば「やり過ぎ」にも見えるフォトショップ美女が多い。だが、美しくみられたいのは女性のサガ。それだけに、こういったリアルでのトラブルが頻発しているという。

文/鷹村優