カレーうどんパンが衝撃の美味さ! 焼きそばパンに圧勝、惣菜パンシーンに波乱の幕開け

話題の商品「カレーうどんパン」が物凄い。
話題の商品「カレーうどんパン」が物凄い。

JRのコンビニ「ニューデイズ」などで販売されている「朝たっぷりカレーうどんパン」(税込み134円)というものをご存知だろうか。知人のグルメライターから「焼きそばパンなんか目じゃない、惣菜パンシーンが変わる」と通報があったので、食べてみた。ホントにすごかった!

異常な手触りのあるパン。
異常な手触りのあるパン。

■生きているような吸いつくパン

パンを持ちあげるとビックリなのが、キュッと手を吸いこんでくるような感触。ひえっ! 生きてるんじゃないか、これ。大げさかと思うだろうが、スライム的な感覚がある。

ねっとりとした具材がつまっている。
ねっとりとした具材がつまっている。

右端の部分がうどん。食いかけではなく、ちぎったものです。見た目が悪くてすいません…。
右端の部分がうどん。食いかけではなく、ちぎったものです。見た目が悪くてすいません…。

■麺が中からほとばしる

さて問題はパンの中、さっそく割ってみると…、麺がつまってる程ではないけれど、ビローンとうどんが出てきた。パンの中から極太麺が出てくるって、すごい。このパンは異常だ、もちろんいい意味でだ。

焼きそばパンも海外の人からはクレイジーに見えるそうだけど、このうどんが入ってるパンは、日本人からしてもクレイジー!もちろんいい意味。話題の異物混入感がハンパない!

■カレーうどん部分のねばりがハンパない

でも、これがかじってみたらもっとすごかった!美味しい!だけど美味しさを超えてくる圧倒的な違和感が。とにかくなかのカレーうどん部分の粘度の高さが尋常ではなく、うどんを超えてモチに近いというか。

■圧倒的なボリューム感

スライムのように吸いつくパン部分、なかねちっと入ったうどん部分、それが一体となってもの凄い大食感を生み出しているのだ。パンに自分が吸い込まれそうな感覚すらあるのだ。

自分でも何を言っているのか…というところなのだが、このパンすごい…。カレーうどんをぶっこんだということ以上に、ものすごいポテンシャルがあるみたい、美味しいってことですからね。

あと、異常に腹にたまります。「朝たっぷり」は本当だった!

文/原田大