絵がかわい過ぎて撒けない節分豆  もはや福も内!鬼も内!なイラストがキュート


こんなに可愛い節分豆があったとは。
こんなに可愛い節分豆があったとは。

もうすぐ節分、一年の幸不幸にも関係する大切な行事。そんな中、まくだけで幸せになりそうな、鬼のイラストが最高に可愛らしい豆が、スーパーなどで売っているんです! 確実に福は内!

左がかわいい!
左がかわいい!

それが京都の豆菓子専門展「豆富本舗」が製造している、「三角袋福豆」。三角形のパッケージの各面にはひょうきん鬼の絵がプリントされており、それの顔がどれもいいんです。ドヤ顔、あへ顔、ブサイク顔…どれも愛すべきものばかり。

ちなみに筆者は家の近所のスーパーでゲット、ピーコック、カルディなどで売られているようです。

色だけにちょっとブルーな表情が多い?
色だけにちょっとブルーな表情が多い?

創業明治41年の豆富さんによれば「年に一度の大切な伝統行事だから、本当においしい特上の新豆でお祝いしてほしい」ということで、北海道・道南地方産の鶴の子大豆の最高級銘柄「鶴娘」の新豆だけを使用。

しかも、わずかしか採れない「二分八厘の上」という特大サイズの豆を使用。そんなわけで豆も最高なんですが、ここに掲載した写真のように、鬼がどれもこれも可愛いんですよね。

黄色は妙におっさん感が。
黄色は妙におっさん感が。

たしかに豆をかじってみると、香ばしくって、味はほのかな甘さがあって、しみじみ美味しい。まく前についつい食べ過ぎちゃいそう。

おたふくもかわいい!
おたふくもかわいい!

豆富さんはこれまでにも全国菓子大博覧会で12回も受賞しており、それもこんなキュートな節分豆を売っているから?

でもこの豆をわいわい食べていたんですが、みんな「可愛いから持って帰る」とか言い出して、全然まく気ないでしょ! 鬼たちが可愛いあまり、鬼も内、福も内に。だめじゃん! 

こんな袋に入って売られています。
こんな袋に入って売られています。

ちなみに豆富さんで売ってる「鬼の足あと」なんかもすてき。豆菓子だけではなく、「鬼菓子」も売っている! 菓子業界イチ地獄に近いお店です。

参照/豆富本舗
文/高野景子


シェア