52年つづいた純愛マンガ『小さな恋のものがたり』が完結、まさかのラストにファン号泣 | もぐもぐニュース
  • メディア
  • 52年つづいた純愛マンガ『小さな恋のものがたり』が完結、まさかのラストにファン号泣

    ※みつはしちかこ先生『小さな恋のものがたり』(学研パブリッシング)

    ※みつはしちかこ先生『小さな恋のものがたり』(学研パブリッシング)

    1962年より学習研究社刊『美しい十代』で連載開始し、52年間続いた漫画『小さな恋のものがたり』の、最終43巻が発売された。高校生の女の子チッチと、同級生のサリーの淡い恋を、半生記にわたり描き続けてきた「叙情まんが」だ(こち亀やガラスの仮面ですら連載開始39年)。

    サリーがモテてチッチがやきもちを焼いたり、そんな乙女心が理解されずにチッチが泣いたり、そんな日常がつづく、ラブストーリーと言うにもあまりに淡い、永遠の青春譚だった。浮気もないし、大事件に巻き込まれることもない、それだけに、最新刊に綴られた「さよなら…サリー」の言葉は衝撃的。

    だが、さしさわりの無い程度で書いておけば、たしかにそう「さよなら…サリー」なのだが、「小恋」(同書の略称)らしい別れとなっている。大した話じゃない、大仰なコマ使いがされるわけでもない、やっぱり淡い。

    ただそれでも、っていうかファンじゃないし、今までほぼ読んだことがなくても、泣いてしまう。濃いラブストーリー漬けになっている我々なのに、こんな薄味でピュアな「恋のものがたり」は心をうつ。

    また、みつはしちかこ先生(73歳)が病に倒れていたことが綴られており、自身が指摘しているとおり、“描けなくなってしまって”からのタッチの違いだったり、40年間同作品を担当した編集者氏の言葉だったり、なによりも先生の後記、とにかく泣きどころの多い一冊。原稿書きながら、グスッとなりました。

    ※追記記事「「小さな恋のものがたり」サリーのモデル亡くなっていた みつはしちかこ先生のエッセイに」

    文/高野景子