ジーンズメイト男子がモテはじめた 女性の男子服への意識が変化「服にこだわりすぎる男はいや」


※みんな中学生ぐらいの時、あんなにジーンズメイトにときめいたじゃないですか! あの頃の気持を思い出して! ステマじゃないよ!
※みんな中学生ぐらいの時、あんなにジーンズメイトにときめいたじゃないですか! あの頃の気持を思い出して! ステマじゃないよ!

ファッションとして語られるうえで、いつの間にか、「イマイチ」と言われるようになってしまった感のあるジーンズメイト。だが、若い女性層の間では「ジーンズメイト? いいじゃん?」といつの間にか復権してきている。ジーンズメイト男子の時代が来ているのだ!

筆者が地元である北関東で、某所のジーンズメイトショップを訪れると、大学生ぐらいの男の子やカップルが買い物を楽しげにしていた。見た目もオシャレ風で「ダサい」イメージはない人たちだ。

「別に地元ではダサいとか言われてませんよ。先輩で超おしゃれな人とかはむしろジーンズメイトやライトオンで、いいのを見つけてますね。むしろセレクトショップにこだわるやつとかダサいかな」(21歳 大学生)

という話もあったほど。実際記事を書くにあたって20代以下の女性43人にかんたんなアンケートを行った。「ジーンズメイトで服を買う男性はありか、なしか」という内容。またそれぞれの理由も書いてもらった。

結果、ジーンズメイト男子が「なし」と回答したのは12人。つまり31人、約72%の女性はジーンズメイト男子は「あり」と回答しているわけだ。

「男でおしゃれに気をつかいすぎてる人のほうがイヤ」(23歳 OL)
「ファッションに金を使いすぎる男は経済観念がよわそう」(21歳 専門学生)
「ジーンズメイトなら地に足がついてる感じがする」(24歳 漫画家アシスタント)
「ブサメンがおしゃれな服着てるはキツイから」(25歳 OL)
「ジーンズメイトでディッキーズ買ってる男とかかっこいい」(19歳 専門学生)

目立った意見をピックアップするとこんなところ。アンケートに回答してくれた女性たちは男性が「おしゃれすぎる」ことにアレルギー反応を示す人が多かったようだ。

2013年に衣料品メーカータビオが調査したところ、女性が1年間にファッションに使う金は約6万3000円で、減少傾向があることが判明している。さきゆきの見えない時代だけに衣料費を抑えている女性が増えている中、ファッションに散財する男性は、逆に頼りなく見えるようだ。

むしろそんななか、ジーンズメイトで買ったリーズナブルな服などを上手く着こなす男性の方が魅力的に映るわけ。ライトオン男子、しまむら男子、ユニクロ男子もおそらくそうだろう、今まで「俺の服なんて…」と思っていた男性のみなさん、今、あなたの時代です!

文/関本尚子