写経コン、戒名コン…婚活パーティーが末期症状 ア然の企画がこんなに!


※お寺で心をおちつかせ、結婚相手を見つける…、まじかよ!
※お寺で心をおちつかせ、結婚相手を見つける…、まじかよ!
日本で深刻化する未婚率の上昇とそれに伴う少子化問題。地方自治体などが婚活イベントを開催するケースが増えているし、なかには婚活業者が主催するとんでもない内容のイベントも。

目立つところでは「座禅&写経合コン」…! まずはお坊さんの説法を聞き、ついで座禅で集中力をたかめ、そして男女でおしゃべりタイムかと思いきや、そうではなくて写経をするのだ。

しかも「恋愛成就祈願」の写経だそうで、そんなお経あるのだろうか。その後ようやく男女でお食事会だという。

「これは意外に人気のイベントで、成就率も高いなんて話もある(笑)。ずいぶん前には戒名を付け合う『戒名コン』なんてのもありましたよ。見知らぬ男に付けられた戒名なんて絶対にイヤですよね」(婚活中の女性ライター 30代後半)

婚活会社の企画力には頭が下がる思いのする、おもしろイベントは他にもある。クラブ活動と称して空手を学びながらの婚活するイベントや、馬にゆられながらの乗馬合コンなど、変わった嗜好の持ち主ならば大喜びしそうなものも。

また最近流行しているのはクッキング婚活パーティーだ。

「料理の上手い男の人なんか見ていると、その手さばきだけで惚れちゃいますね。クッキング系の婚活イベントはかなりアリだと思っています。ただ、以前に寿司握り合コンというのがあって、お互いがにぎった寿司を食べさせるというもの。私の趣味に合わないおっさんの寿司を食べるのは苦痛でしたね(笑)」(同前)

他にもカヤックで無人島にわたってパーティーするなど、行ってみたくなるようなイベントがもりだくさん。でもこんなに面白系だと恋愛なんてどうでもよくなっちゃうのでは?

文/関本尚子


シェア