幸福の科学が小保方さん守護霊による暴露本 大川総裁が“ゴーストライター”


※画像は『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)』
※画像は『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)』
新宗教団体「幸福の科学」の大川隆法総裁は、亡くなった偉人や、騒動の中心人物の霊をおろして語らせるというパフォーマンスを行い、たびたび話題を集めている。だがこのたび、なんと小保方晴子さんの“守護霊”をおろし、STAP細胞騒動について語らせた単行本を発刊していたことが判明した。

幸福の科学出版株式会社が運営するニュースサイト「ザ リバティ」には、4月8日、「夢の万能細胞STAP細胞の研究者 小保方氏の本心に迫る」という記事が掲載され、“大川隆法のスーパー霊能力 「霊言」”なるものによっておろされた、守護霊の言葉を紹介。

「何をそんなに騒ぐのかが分からない」「研究者仲間から追放されるか、自殺するか」「STAP細胞は存在する」「最低でも1年、できたら3年ぐらい、研究する環境を確保させてください。その後、判断されても結構です」などと語ったという、あくまで守護霊の言葉だが。

4月15日発売された単行本は、『小保方晴子さん守護霊インタビュー それでも「STAP細胞」は存在する (OR books)』というもの。Amazonで内容紹介を見てみると、「理研よ!マスコミよ!  問題にすべきは「マナー」ではなく「マタ―」 科学の未来を切り拓く若き女性研究者を、このまま潰してはならない!」とのこと。まあ、そのあたりは正論だと思うが。

ちなみにレビューには手厳しいコメントもついており、現在の評価は2.5となっている。それにしても、これこそリアルゴーストライターなのでは?

参照/Amazon
文/関本尚子