700年前のトイレが発掘 香りも中身も保存状態良好だった


※研究者たちには垂涎の対象だとか。
※研究者たちには垂涎の対象だとか。
北欧・デンマークのコペンハーゲンポストによれば、同国の大都市オーデンセ地域で、700年前のトイレが発見されたという。

14世紀頃のもので、保存状態は良好だ。というのも発掘者たちによれば「ぷ〜んと匂いがした」という通り、保存が良すぎて、中身も香りもしっかりと保持されているという。その内容量は480リットルとたっぷり。

「おえ〜」と思ってしまいそうだが、当時の人々の食生活や、また排泄物から珍しい最近を採取できるのではないかと、研究者たちにとっては宝の山だという。現在は一般の人たちにも、毎週火曜から木曜まで無料公開している。古のトイレの香りが嗅ぎたい方は、ぜひ。

文/編集部


シェア