モテないぽっちゃり女子が大量発生 流行のはずなのに「ブタ」よばわりも


※画像はぽっちゃり女性専門ファッション誌『la farfa(ラ・ファーファ) 』
※画像はぽっちゃり女性専門ファッション誌『la farfa(ラ・ファーファ) 』
漫画「ぽちゃまに」の大ヒットなどで一躍脚光を浴びたぽっちゃり女子。マシュマロ系女子、ぽちゃ子などとも呼ばれ、「実は男性が求めていたのは〜」「これからの時代は〜」などと散々もてはやされた。昨年中盤以降にブームとなったが、実際ぽっちゃり女子たちは“脚光”を浴びたのか?

「年末に何回か合コンに行ってみたのですが、男性の反応が悪くって…。自分で『最近ぽっちゃり女子って言葉流行ってるよね〜』なんて冗談めかして男性陣に振ってみて、みんな苦笑い」(27歳 OL 身長155cm、体重59kg)

「私の同僚で『俺ぽっちゃり女子好きかもしんない』なんて言ってた男性がいるんですよ、ずっと片思いをしていた。私もそういう体型なんでいけるかもと思って正月に告白したら見事にふられました。しかも先日痩せた女と交際してて本当にショックです」(31歳 編集者 身長160cm、体重68kg)

そこまでのぽっちゃり女子というのも探すと案外見つからないもので、前出の2人の他、5人に話を聞くことができた。しかし全員が「モテたことはない」とのこと。あくまでメディアで「ぽっちゃり女子」という言葉ばかりが先行したきらいがあるようだ。

「だれも私の体型みて『ぽっちゃり女子だよね、いいよね』なんて言いません。むしろ会社のおっさんなんかに『◯◯ちゃんみたいな子がモテるそうじゃない。昔はそういう体型のこと、豆タンクなんて言ってたんだよ』とか、ムカつくことばっか言われてきましたよ」(33歳 デザイナー 身長150cm、体重57kg)

「出会い系サイトで男の人にあったら『ブタ』呼ばわりされました。向うが出会った日にホテルに誘ってきたので断ったら。『ぽっちゃり女子とか言って調子にのんなブタ!』とか。相手もブサイクだったのに…」(23歳 飲食店 身長153cm、体重61kg)

むしろパワハラのネタになるなど、悪影響の方が強かったという。「ぽっちゃり女子」なんて言葉、今年の年末には完全に忘れ去られていそうな。

文/田中結子


シェア