2013年男が「ガン見した」芸能人ランキング 能年玲奈や整形グラドル…

※画像は「あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】」

※画像は「あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】」
※画像は「あまちゃんアンコール~連続テレビ小説「あまちゃん」オリジナル・サウンドトラック 3~ あまコレBOX付コレクターズエディション【初回限定盤】」
ヤフージャパンが2013年の検索ワードランキングを発表した。この中でもマスコミや芸能界から注目を集めるのが画像検索のランキング。画像をそれだけ検索されたということは、それだけ男性や女性の目を楽しませたり、あれこれを楽しませた可能性が高いからだ。

そして今年の1位にランクインしたのは、やっぱりというか、さすがというか、壇蜜だった。

「今年上半期は各週刊誌が『とにかく壇蜜を彼女を』という状態でしたからね。この検索ランキングでもわかるように彼女は今年の国民的な人気だったのは間違いありません。しかし最近では着衣の出演ばかりで、がっかりしている男性も多い。そうなると余計に彼女の検索が増えるかもしれませんね。」(グラビア誌編集者)

2位には漫画原作の『進撃の巨人』。そして3位はNHK連続ドラマ『あまちゃん』に出演した能年玲奈だ。じぇじぇじぇと驚くには当たらない結果だが、彼女を検索した人たちはやっぱりそういう目で見たのだろうか?

「もちろんですよ。彼女も検索されまくったようです。週刊漫画誌のグラビアにも能年ちゃんを出してくれっていう要望が殺到しましたし、うちみたいな大人な本にもです。それだけ彼女で楽しみたい男の人たちが多かったんでしょうね」(男性誌編集者)

3位にはAKB48の大島優子、また7位にはやはり『あまちゃん』でブレイクした有村架純がランクインしている。意外なところでは8位の森下悠里か。

「今年は彼女をめぐる整形騒動がありましたからね。バージョンアップする前の、昔の顔が検索されたんじゃないかと。とはいえ彼女はあれだけのルックス、そういった目的の検索も多かったと思いますが」(前出・グラビア誌編集者)

さて来年は一体どんなランキングになるのか楽しみだ。

文/田中結子